ドッグフードで安心、安全なドッグフードの選び方とは

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

ドッグフードでも安心安全なドッグフードを選びましょう

【こだわりの飼い主様が選ぶ ドッグフード おすすめランキング☆彡】

カナガン ドッグフード(嗜好性抜群!小型犬に大人気フード)

店頭販売を一切していない 通販専用ドッグフード「カナガン」 
イギリスより新登場!
宣伝広告費をかけていないため 値段の割にグレードの高い原材料を使用 店頭販売してるドッグフードではこの原材料でこの値段はあり得ません!新鮮な鶏肉をたっぷり使用 犬が苦手な穀物は未使用 合成保存料や着色料はもちろん使用してません 
すべてが人間の食材と同じ物を使った
「ヒューマングレードのドッグフード」それが「カナガン」です
カナガン ドッグフードについてはこちらから

犬用 鹿肉スープ
(ドッグフードが嫌いなワンちゃんのトッピングに最適)

鹿肉は高たんぱく、低脂肪でヘルシーなだけでなく、犬にとっても最高のご馳走です!また鹿の内臓は非常に鉄分が多く、ビタミン、ミネラルも豊富です。その内臓(心臓、レバー、肺、膵臓)をじっくり煮込んだ天然スープが最高に美味しく栄養も満点!ドッグフードにかけてあげれば、美味しさも栄養もアップ。またドッグフードが苦手なワンちゃんも鹿スープをかけてあげれば、食いつきもよくなりますよ。
こちらはスペシャル価格にて販売 1L 580円とお得です!

 

鹿内臓炊き込みスープの詳細&販売はこちらから

NDF ドッグフード (チキンアレルギーのワンちゃんに大人気!)

こちらも店頭販売を一切していない 通販専門ドッグフードです
同じく宣伝広告費をかけていない分 原材料に優れたものをしっかり使用
新鮮なラム肉をたっぷり使用し もちろんすべてヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフードです
チキンが苦手なワンちゃんにおすすめ!新鮮なラム肉を使って消化吸収も抜群 1日のご飯量は少な目で嗜好性もとてもいいドッグフードです☆彡
NDFドッグフードについて詳しくはこちらから

 

今人気急上昇中のおすすめペット用サプリメント☆彡 

犬康食・ワン プレミアム

サンプルサイト

高齢になった愛犬の健康維持に活用出来る、良質のペット用サプリメント。
毎日の食事にプラスするだけ!良質の和漢植物を凝縮して配合し、免疫力アップの良質の乳酸菌も配合。老化による症状が気になる方におすすめのペット用サプリメントです。

 

「犬康食・ワン」プレミアムの詳細はこちらから

キングアガリクス100ペット用

サンプルサイト

免疫力、癌予防にも非常に高価が高いと言われてるアガリクスがついにペット用として新登場!高齢になったワンちゃんはもちろん!若いワンちゃんの普段の健康維持にも活用してもらえるペット用サプリメントです。
もちろん天然成分だけを使用した安心素材です。

 

 

キングアガリクス100ペット用詳細はこちらから

 

 

ドッグフードは、安心、安全と言えるのでしょうか??

 

近年 犬の皮膚病 糖尿病 癌 心臓病がとても増えてきてます!
ペットブームが始まる前にはほとんど無かったような病気がなぜ近年増加してるかわかりますか?
ペット市場が急成長してきた時に 流行りの犬種の乱繁殖 そして色んなメーカーがペット市場に参入して来ました
ペット専門ではないメーカーが「売れる市場」だと思ったからです
そして「利益重視」のドッグフードが沢山市場に出回りました そしてバンバンドッグフードのCMも流れるようになりました
人間はどうしても「知名度」に弱いものです CMなどで「知名度」のあがった「利益重視」のドッグフードが急成長し そして今に至るわけです 
メーカーは「どうやって利益を出すか」それしか考えてないとこも沢山あります 
逆に「本当に犬にいいものは何か?」を今でもずっと追求してるメーカーもあります 
ただ残念なことに前者の「利益優先」のドッグフードのほうが はるかに多いのです 
その結果 昔では無かったような 犬の皮膚病や癌などが急増してるわけです 
私達飼い主は大切な愛犬を守る立場にあります 「毎日の食事は健康の基本」です 
愛犬にとって本当に安心できていいドッグフードはなになのか?
しっかり理解して 愛犬の為にいいドッグフードを選んであげて欲しいと思います

 

ドッグフードの中身について知って下さい!

 

まず犬は本来肉食動物だということを認識して下さい
人間との生活が長くなって雑食に変わったと言う人もいますが 今でも犬の体は肉食動物と同じ歯・腸の構成になっています
⇒詳しくは ドッグフード選びは犬の体のことを理解して選びましょう
犬に1番必要な栄養は動物性たんぱく質(お肉 魚 卵など)です 
ですから本来ドッグフードには動物性たんぱく質が1番多く含まれてなければいけません!しかし動物性たんぱく質を犬の必要量入れようと思うととてもコストがかかります(なんせお肉や魚 卵ですから)

 

 

「犬に必要な動物性たんぱく質だけを入れるとコストが高くつくよな・・・」
じゃどうすればいいか
「そうだ!動物性たんぱく質の変わりに植物性たんぱく質(トウモロコシ 大豆 小麦など)を入れて作ればいいんだ!それで肉の量を減らせばコストダウン出来るぞ」

 

「でも待てよ!植物性たんぱく質を使っても それだけではまだコストがかかるし ドライフードを
形成するには炭水化物が少しは必要になるな・・・」
「そうか!穀物(米 トウモロコシ 小麦など)を多く入れて炭水化物量を増やせばたんぱく質量を減らして 大幅なコストダウンが出来るな!」
「それにドッグフードには添加物の規制がほとんどないから 人間が使えない安くで手に入る添加物を保存料に使えるし 着色料を使って美味しく見せることも出来るぞ!」


 

⇒ こうやって出来上がったのが 
現在安価で売られてるドッグフードなのです!!

今あげてるドッグフードが本当に愛犬にとっていいものかどうか、飼い主さんがしっかり勉強して選んであげてくださいね!

犬の体の仕組みについて

ドッグフード安全

犬と人間の体の構造は違います 犬の体の仕組みをしっかりわかっていれば  犬が本来必要とするものが何かがしっかりわかりますよ!

≫詳細ページ

ペットフードを食べなくて困ってる方

ドッグフード安心

どうしてもペットフードを食べてくれないとお悩みの方に あげ方の工夫方法や おすすめの食事についてくわしく書いてます

≫詳細ページ

犬の皮膚病について

ドッグフード安全

最近とても多いのが犬の皮膚病です
なんか痒がってるとか なんか赤くなってるとかはありませんか?
犬の皮膚病にも色々種類があります こちらのページで詳しく書いてます

≫詳細ページ

犬のおやつについて

ドッグフード安心

ペットフードと同様に気を付けたいのが犬のおやつです
実はペットフードは原材料を気にして良いものをあげてても
おやつのことまで気にしてる人は少ないです!

≫詳細ページ

犬の涙やけについて

チワワ トイプードルなどに多い犬の涙やけ
実はドッグフードが大きく関係してるのです
どうすれば治るの?

≫詳細ページ

犬の手作りごはん

犬に手作りごはんをと考えてる方は是非参考にして下さいね
ドッグフードをどうしても食べない!でも栄養バランスが気になるって方も必見!
毎日のご飯を美味しいものにしてあげませんか☆彡
詳細ページ

 犬に水道水はNGですよ!お水はとても大切です☆
 愛犬に手作りおやつはいかがですか☆彡

 

加入してると安心 もしもの時のペット保険☆彡

 

人気のPS保険に無料資料請求をしてみませんか!
早速バナーをクリック ↓↓↓

 

最近ドッグフードで、グレインフリー(穀物不使用)が非常に注目を集め人気が高まっています。
このグレインフリーのドッグフードが人気が出てきたことは、非常にいいことで、犬は肉食動物である!ということが、
広く深まって来たのだと思います。
犬になぜグレインフリーのドッグフードがいいのかは、
犬が肉食動物で体の構造が雑食や草食動物とは、全然違う!ということを理解してもらうと非常にわかりやすいかと思います。
⇒犬の体の構造について勉強しよう!

 

グレインフリーのドッグフードとは
→ドッグフードの原材料に穀物(米、大豆、小麦など)を使用していないドッグフードのこと
数年前までは、グレインフリーのドッグフードはほとんど販売されていませんでしたが、
ここ5年ほどで、グレインフリーのドッグフードが驚くほど各メーカーより発売されて来ました。この背景には、今までのドッグフードを食べてアレルギーなどを起こすワンちゃんが急上昇してきたことも、大いに関係しているかと思われます。

 

穀物=炭水化物
まず、穀物は多く炭水化物が含まれるということを覚えてください。
なので、普通のドッグフードに比べて、グレインフリーのドッグフードはフードに含まれる炭水化物量が少ない!ということになります。
では、なぜ犬にとって炭水化物量が少ないグレインフリーのドッグフードのほうがいいのか?

 

犬は炭水化物を消化する酵素(アミラーゼ)を持っていません!

 

犬は人間や草食動物に比べて、アミラーゼを持っていない分、
炭水化物の消化が非常に苦手です。
その苦手な炭水化物を、毎日毎日、多く摂取したら犬の体にどんな影響が出ると思いますか?

 

当然内臓関係に負担がかかります。特に消化が出来ないものを、一生懸命、消化吸収しようと胃腸は頑張って働きます。そうすると胃腸に負担が大きくかかり、疲れて自己免疫力が下がって来てしまいます。
そして1番外的刺激を受けやすい皮膚、被毛に影響が出てきます。
そうです。犬の皮膚病、アレルギーになりやすくなると言うことです。

 

もちろん、グレインフリーではないドッグフードを食べてても、
アレルギーにならないワンちゃんもいます。
個体差、体質、年齢も大きくかかわってきますが、雑種に比べ比較的純血種の方が、アレルギーや内臓疾患は出やすい傾向にあります。

 

犬の手作りごはんや、生肉食にしてる方別ですが、今はまだ大半の方が毎日、ドッグフードだけをあげています。そのドッグフードがグレインフリーのドッグフードではなかった場合、まいにち毎日毎日、胃腸に負担をかけてることになります。
もし、今あげてるドッグフードがグレインフリーでなかった場合、
できるだけ早くにグレインフリーのドッグフードに変えることをお勧めします。
但し!注意して欲しいのが、グレインフリーのドッグフードなら何でもいい!
と言うわけではありません!

 

当然、グレインフリーのドッグフードであっても、バンバン添加物が入ってるドッグフードや、犬に1番必要な動物性たんぱく質ではなく、植物性たんぱく質(大豆、トウモロコシ、コーングルテンなど)が入ってるドッグフードもおススメ出来ません。
⇒ドッグフード選びで気をつけること

 

上記のページに記載してることも、あわせてグレインフリーのドッグフードを選んで頂けると、犬にとって安心で安全なドッグフードを選ぶことが出来ます。

 

毎日あげるドッグフードだからこそ、本当にいいものを選んであげてくださいね!

 

続きを読む≫ 2016/11/15 16:10:15

涙やけとは、写真のように目の下が赤っぽく変色して拭いただけでは、取れない頑固なものが、涙やけと言います。涙やけが酷くなった場合、目の下だけでなく口元辺りまで変色が広がる場合もあります。

 

涙やけは犬のカラーによっても、目立つ、目立たないがあり、特に白、クリームなどの薄いカラーの犬の涙やけほど目立ちます。
逆に実は涙やけになっているんだけど、黒のカラーの犬の場合、目立たなくてわからない、ということもあります。そして犬種によっても涙やけになりやすい犬種があります。

 

涙やけになりやすい犬種

 

プードル、マルチーズ、ポメラニアン、チワワ、ビジョンフリーゼ、シーズー

 

これらの犬種は他の犬種に比べて、涙やけになりやすいので、特に食事管理が必要になります。
涙やけになりやすい犬種は、涙管(涙を流す官)が他の犬種よりも細い傾向があります。
大型犬に涙やけが少ないのは、この涙管の大きさが違うと言う事もあると思います。

 

では、簡単に涙やけになる原因をまとめてみました。

 

わかりやすく言いますと、
涙やけは、涙を流すための涙管に老廃物が溜まって詰まってしまうことで、うまく涙が流れずに、涙があふれ出て、バクテリアが繁殖して、目の下の毛が焼けて変色してしまいます。

 

そうなんです!
涙やけは実はただ毛が変色してるだけではなく、バクテリアが繁殖してる状態なんです!

 

 涙やけを放置してると実は怖い!
涙やけから病気になることが!

 

上記に記載した通り、涙やけはバクテリアが繁殖してる状態です。
当然その状態で放置しておくと、炎症や感染症になるリスクが高くなります。

 

例えば。。。結膜炎、角膜腫瘍、前部ブドウ膜炎、急性緑内障

 

これらの病気は涙やけが原因で引き起こされます。

 

 涙やけになった場合、気を付けるのは食事の内容!

 

涙やけの大きな原因は、涙管に老廃物が詰まってしまうこと!

 

涙やけの原因になる老廃物は主に食べ物の影響で溜まってしまいます。

 

涙やけの原因となる老廃物になる食べ物。。。ドッグフードに多く含まれる穀物、
植物性たんぱく質、添加物

 

犬は本来肉食動物の為、穀物などに含まれる炭水化物を消化する酵素を持っていません
なのにドッグフードでは炭水化物を多く含むものが、ほとんどです。
その炭水化物が多く入ってるドッグフードを毎日食べていれば、当然老廃物として涙管を詰まらせ、涙やけになってしまいます。

 

涙やけにならない為には。。。
穀物が入っていないグレインフリーのドッグフードを選ぶこと!(もちろん添加物も入ってないもの)

涙やけに効果的なドッグフードはカナガンドッグフードが1番おススメです。

 

すでに涙やけが酷くなってる場合は。。。鹿肉を食べて、老廃物を排出しましょう!

 

鹿肉を生であげることで、酵素が摂取でき、体に溜まってる老廃物を外に出す効果があります。まずは涙やけの原因になっている、老廃物を体の外に出してしまい、涙管を綺麗な状態に戻してあげましょう!
また鹿肉には皮膚にとてもいい、オメガ脂肪酸が含まれています。このオメガ脂肪酸は皮膚や体の炎症を抑える効果があり、アレルギーのワンちゃんにも非常に効果が高い脂肪酸です。鹿肉は涙やけだけでなく、皮膚、毛並み、犬の体にとてもいい栄養素で、非常に美味しくてワンちゃんにも大人気のお肉になっています。
ドッグフードとの併用でも効果は期待出来ますので、今の食事に鹿肉をトッピングして、涙やけを改善しませんか

 

 

 

毎日の食べ物を変えるだけで、涙やけはかなり改善されてきます!
まずは今の食事に穀物や添加物が含まれていないか確認してみてくださいね!

続きを読む≫ 2016/11/10 12:26:10

秋から冬にかけては犬が1番太りやすい時期で、また犬のダイエットも難しい季節になってきます。なぜ冬場は犬のダイエットが難しいの??
それは犬も寒い時期は体温調整をするために、体に脂肪を蓄えるからです。

 

では、冬場は犬はダイエット出来ないのか??
もちろん、そんなことはありません!

 

ただ、夏場に比べると痩せにくい時期ではあるので、犬のダイエットは気長にやる!短期間で痩せるの難しいと思ってください。

 

犬のダイエットを始める前に、まずは犬の太る原因をしっかり把握しましょう!

 

 犬が太る主な原因

 

 単純に1日の食べる量が多い

 

 今食べてるドッグフードの炭水化物量が多い(これ以外に知らない方が多いです)

 

 運動不足

 

 おやつの食べる量が多い 

 

 高齢になってきた (若い時に比べると太りやすくなります)

 

 糖尿病などの、病気による肥満

 

一番最後に書いた病気から来る肥満の場合は、病院で愛犬にあったダイエットの方法を聞くのが1番かと思いますが、それ以外の犬のダイエットは飼い主様が行動にさえ起こせば、すぐにでも実行出来ます。

 

● 単純に1日の食べる量が多い⇒ これは犬の食欲任せにあげないこと!
基本、犬には満腹感というものが、ありません。あげれば喜んで、
どれだけでも食べてしまいます。
なので、1日のご飯&おやつの量は飼い主様が調整をしてあげる必要があります。
また、適当な量のドッグフードをあげてる場合、実は多すぎた!ということもありますので、量は計ってあげるようにしましょう!

 

★★★ 今食べてるドッグフードの炭水化物量が多い

 

実はこれが原因で犬が太ることが、非常に多いのです!ほんと知らない方がほとんどなんですが、実は非常に重要なポイントです。
どれだけ運動していても炭水化物量を多く取っていると、非常に犬のダイエットは難しくなります。

 

 なぜ炭水化物量が多いと犬は太るのか?

 

犬は食事から1日のエネルギーを供給します。
実はその食事からエネルギーに変えていくのに使われる栄養素には順番があります。

 

炭水化物 → 脂肪 → たんぱく質

 

この順番でエネルギーとして消費していきます。
たんぱく質や脂肪というのは、他の筋肉や皮膚、被毛などに栄養として回りますので、エネルギーとして消費できなくても、それが脂肪に変わるというものではありません。

 

しかし!!炭水化物は別です!

 

炭水化物というのは主に米、トウモロコシ、小麦、大豆などの食物性の物、穀物などに多く含まれます。
犬は本来肉食動物で、この炭水化物を消化する酵素を持っていません

 

つまり、犬にとって炭水化物は必要な栄養ではない!
ということです。

 

犬にとって必要でない炭水化物はエネルギーとして消費する以外使い道がないんですよ。。。
そして、やっかいなことにエネルギーとして消費出来なかった炭水化物はすべて脂肪に変わってしまいます。

 

その恐るべし炭水化物は実は市販のドッグフードには、約50%も含まれています。。。
(穀物不使用のドッグフードは別です)

 

今あげてるドッグフードのパッケージの裏の原材料表記に米、トウモロコシ、大豆、小麦、コーングルテン、麦などの記載があれば、それは犬のダイエットを妨げてる大きな原因だと思ってください!

 

犬のダイエットを成功させるには、毎日の食事内容は非常に重要になってきます。どれだけダイエット用のドッグフードをあげても、ほとんどが炭水化物量は多く、脂肪分だけを減らしてるダイエット用のドッグフードがほとんどです。
不必要に脂肪分を減らしてしまうと。今度は皮膚や毛並みに悪影響を与えてしまいます。犬のダイエット用ドッグフードに変えてアレルギーになった。。なんて話もよく聞きます

 

 犬のダイエットに最適なドッグフードはこれ!

 

こちらは、今ネットで人気急上昇中のカナガンドッグフード。
犬のダイエット向きで、穀物は不使用のグレインフリーのドッグフードです。
低炭水化物量のドッグフードなだけでなく、使ってる原材料はすべて人間の食材を使っている安心素材のドッグフードです。
もちろん保存料や着色料も使っていない完全無添加のドッグフードになっております。
お得な定期購入コースもあります。

実は鹿肉は犬にとって最高の栄養、ご馳走です!
鹿には高たんぱく、低脂肪で非常にヘルシー
また皮膚、毛並みを健康にするオメガ酸も含まれる
最高のお肉です。
普段のドッグフードを少し減らして鹿肉をあげるのも
犬のダイエットにもいいですし、健康的にダイエットすることが出来ておすすめの食事です!
愛犬の喜び方が凄くて今大人気の鹿肉です。

こちらはペットフードオブ ザ イヤー賞を3年連続受賞してるドッグフードで、もちろん穀物は不使用
低炭水化物のドッグフードになります。
こちらのシニア用がさらに低脂肪タイプで犬のダイエット向きになっています。低脂肪でも犬にいい動物性たんぱく質をしっかり使っているので、皮膚、毛並みにもいいドッグフードで人気のドッグフードになっております。

 

続きを読む≫ 2016/11/08 12:53:08

あなたは愛犬に、どんな食事をあげてますか?

 

今ワンちゃんを飼ってる約8割がドッグフードをあげてます。
そして2割が手作り食や生肉などをあげてのが今の状況です。

 

以前は約9割がドッグフード、1割が手作り食でしたが、最近では手作り食派が増えてきています。その背景に粗悪なドッグフードによる、アレルギーや癌の多発など、ワンちゃんの健康に害をもたらす安全ではないドッグフードの影響があると思われます。

 

そんなワンちゃんの健康に害する安全でないドッグフードを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?
このサイトで何度も同じことを言ってますが、それは飼い主様が知識を持つ!
これ以外に方法はありません。。。

 

毎日の食事を選んであげるのは飼い主様です。
その飼い主様が「安くて、美味しそうに食べてるからドッグフードは何でもいいわ」
という考えを持っていたら、まずこのサイトに訪問することはないと思います。

 

まず、CMでよく見る有名なドッグフードだから安全なドッグフードだ!という考えは捨ててください

 

逆にCMでガンガン広告費を使ってるのに、ホームセンターなどのチラシで安売りしてるドッグフードはかなり怖いです。。。
間違っても安全なドッグフードとは言えません

 

例えば、3k 780円で売ってるドッグフードで、人件費、広告費などを差し引いていくと、原材料費は一体いくらなの??と普通に疑問を持つと思います。
そのような安売り出来るドッグフードは、大量生産できる化学物質を大量に使って、お肉も生肉ではなく、肉パウダーなどを使っています。

 

もうこの時点で安全なドッグフードとはかけ離れてますよね。。。

 

では、次にペットショップや動物病院で販売してるプレミアムドッグフードと呼ばれてるドッグフードは安全なドッグフードなのか??

 

それも答えはNO!です

 

現在プレミアムドッグフードと呼ばれるペットショップや動物病院で進められるドッグフードで1番売れているのは「ロイヤルカナン」です。
「ロイヤルカナン」は1番売れてるドッグフードだから安全なドッグフードでは?
と思われる方が多いと思いますが、
実は「ロイヤルカナン」が1番売れるようになったのは、販売戦力のおかげです。

 

数年前は「ユーカヌバ」がプレミアムドッグフードの不動1位の売り上げを取っていました。
10年以上もトップブランドの座を取っていたのですが、「ロイヤルカナン」が市場に出るようになって数年で王座の座から引き釣り下されました・・・
それはなぜか!
これは「ロイヤルカナン」の販売戦力がすごかったからです。ここはお見事!というしかないほどです。ある意味賢いやり方だったのかも。。。

 

ペットショップ、動物病院、ブリーダー このあたりに猛烈に営業をかけて、今まで1番に推奨してくれてた「ユーカヌバ」から見事に「ロイヤルカナン」に変えて行かれました。
この猛烈営業のおかげで、どこのペットショップや動物病院でも「ロイヤルカナン」をお客様に1番に進めるようになり、売り上げは急上昇〜
そして見事プレミアムドッグフードの売り上げNO1の座についた訳です。

 

長くなりましたが、ここでわかって欲しいのは、動物病院やペットショップが「ロイヤルカナン」を進めるのはバックマージンやお店とメーカーの提携の上でのことだと言うことです!

 

残念ながらワンちゃんにとって安全でいいドッグフードだから進めてるわけではありません・・・

 

こちらはロイヤルカナンの原材料表記ですが、これを見て犬に安全なドッグフードだと思えますか??

 

まず素人が見ても何が入ってるのかわからない
何か怪しいアルファベットがいっぱい並んでる・・・

 

そんな印象を受けませんか?

 

犬は本来肉食動物です!1番栄養で必要なのはお肉(動物性たんぱく質)です!
犬の栄養学について詳しくはこちら

 

ドッグフードの原材料表記は1番多く入ってる物から順番に記載しなければいけません。

 

上のロイヤルカナンの原材料表記の1番初めは家禽ミートです。

 

家禽ミート??これは純粋なお肉ではないことはわかりますよね
本来生肉なら鶏肉、ラム肉、鹿肉などと記載されます。

 

家禽ミートとは主に鶏や七面鳥の家畜のことを意味してますが、これは羽やくちばし、なども含まれることから多くのドッグフードが安く原材料を手に入れるために使っており、鶏肉、ラム肉と記載出来ないのは、廃棄物になるレベルのお肉を使ってることが多いので、記載が出来ないと言う事です。

 

まず、ドッグフードに家禽やミート、ミールという言葉を使ってる場合、安全なドッグフードではないと思ってください!

 

そして犬は穀物が苦手です。アレルギーの原因にもなりやすいことから、米、トウモロコシ、大豆、小麦が入ってるドッグフードも避けましょう!

 

原材料・・・骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

上の原材料は当サイトでもおすすめしてる「カナガンドッグフード」の原材料表記になりますが、
さきほどの「ロイヤルカナン」と中身を比べてみてください。

 

どちらのフードが犬にとって安全で美味しそうなフードか見てわかりますよね

 

まず1番に動物性たんぱく質(お肉)が来て、穀物は不使用、合成食品添加物が入っていない、合成保存料が入っていない

 

安全なドッグフードを選ぶ時、これらのことをしっかりチェックして安心してあげれるドッグフードを選んであげましょうね!

 

 

 

続きを読む≫ 2016/11/05 10:45:05

ここ2〜3年で犬に人気が急上昇したのが鹿肉です。
そして最近では鹿肉が主原料のドッグフードが非常に増えてきました。
以前までは鶏肉が主原料のドッグフードがほとんどだったのですが、アレルギーが出るワンちゃんが多くなったことから、鹿肉が犬のアレルギーに効果が高い!ということで色々なメーカーから鹿肉が主原料のドッグフードが発売されてきました。
では、そもそも鹿肉は犬にとって良いお肉なのか?
鹿肉が主原料のドッグフードなら、どれでも犬にとっていいものなのかを検証してみました。

 

犬にとって鹿肉がいい理由とは何?
デメリットもあるの?
簡単に鹿肉のメリット、デメリットを
まとめてみました。

 

犬にとっての鹿肉のメリット☆

 

○鹿肉は犬にとって非常にいい動物性たんぱく質。
○鹿肉は高たんぱく、低脂肪でヘルシーである
○アレルギー性も非常に低いお肉
○基本は野生の鹿がほとんどなので、抗生物質を打たれたり、肥料の農薬の心配がない
○鹿は他の動物に比べ体温が高い動物なので、寄生虫が湧きにくい
○犬にとって非常に美味しいお肉
○犬にとって鹿肉は非常に消化吸収がいいお肉なので、お腹にも優しい
○偏食がきつい犬でも喜んで食べることが多い

 

鹿肉のデメリット

 

○あまり市場に多く出回っていないお肉の為、高価になりやすい
○手に入りにくい

 

デメリットは犬に対してというより、飼い主様に対してという感じですね
特に北海道でしか獲れないエゾ鹿は、非常に高価格で取引されており、
一般では手に入りにくくなっております。
犬にとって鹿肉のデメリットは、ほとんど見当たらないと言っても過言ではありません!

 

 では鹿肉を使ってるドッグフードなら、
なんでも犬にとっていいの?

 

 答えはNO!です。

 

もちろん鹿肉は犬にとって最高のご馳走です!
しかし鹿肉が主原料のドッグフードでも、それ以外にも多くの原材料が含まれます。
主原料だけを見るのではなく、ドッグフード全部の原材料をチェックする必要があります。

 

※ドッグフードの裏面に原材料表記が必ず載っています。
ドッグフードに含まれる原材料はすべて表記することが義務づけられています。

 

 ドッグフードの原材料表記は1番多く含まれるものから順番に記載することが義務づけられています。まずは原材料表記のトップに鹿肉が記載されてるか確認してください。

 

 犬は基本肉食動物であるということを理解してください!動物性たんぱく質(ここでは鹿肉)は非常に重要な役割を持っています。

 

 犬は肉食動物であることから、穀物類の消化吸収が非常に苦手です。(大豆、小麦、大麦、トウモロコシ、玄米)
これらが含まれるドッグフードは、いくら主原料が鹿肉だとしても犬にとって良いドッグフードだとは言えません!

 

 鹿肉が主原料のドッグフードでも、食品添加物を使っていては犬にとって良いドッグフードとは言えません(ビタミン類の添加など)

 

鹿肉が主原料のドッグフードで、着色料、保存料、香料さえ使っていなければ無添加ドッグフードと言えるが、食品添加物は使ってるのがほとんど。。。

 

今、鹿肉が主原料のドッグフードを買うかどうか悩んでいる方は、まずは上記のことを原材料表記を見てしっかり確認してみてくださいね!

 

本当に鹿肉が主原料のドッグフードで、ビタミン類の補給はお野菜類を入れてるドッグフードであれば、本当にいい鹿肉が主原料のドッグフードと言えます。

 

愛犬の為に、是非最高のドッグフードを見つけてあげてくださいね☆彡

 

エゾ鹿肉をワンちゃんにあげてみませんか〜

 

こちらのショップでは、ドッグフードではなく、生のエゾ鹿肉を販売しております。
ドッグフードから生肉は抵抗がある!と言う方は、まずはドッグフードのトッピングで利用してもOK!普段からドッグフードと併用しても大丈夫ですし、手作り食の方はメインのお肉にエゾ鹿肉を使うのも最高ですよ!
偏食、アレルギーでお悩みの方にも最高のエゾ鹿です☆彡

 

ペット用エゾ鹿商品の販売はこちらから

 

 

 

続きを読む≫ 2016/10/12 15:35:12

 

今非常に人気急上昇中のカナガン ドッグフードから

 

ついに!ウエットタイプが新登場しました!!

 

もちろんウエットタイプなのに、完全無添加の安心して使っていただけるドッグフードになってます☆その辺で売ってる犬の缶詰めとは、訳が違いますよ〜

 

そもそも、カナガン ドッグフードって何??
ってかたもいると思います。
そんな方はこちらをご覧下さい→カナガンドッグフード おすすめドッグフード

 

ではでは、何がこのカナガン ドッグフードのウエットタイプは他の犬缶と違うかと言いますと。。。

 

まず犬用の缶詰めには大きく2種類があることを覚えて下さい

 

一般食・・・ドッグフードと併用して使うことが出来る食事
逆を言うと、この缶詰めだけでは栄養は取れないので、ドッグフードと混ぜてあげてくださいね、ということです。
ホームセンターやペットショップで比較的安くで販売されてる犬の缶詰はほとんどがこの一般食です。

 

総合栄養食。。。これだけで犬に必要な栄養がすべて取れる食事
逆に言うと、ドッグフードとの併用がいらず、他に何もあげる必要がない食事です。
市販で総合栄養食の犬用缶詰は種類も少なく、また高値で販売されてます。

 

犬用缶詰のパッケージの裏に必ず、一般食か総合栄養食かの記載があります。

 

今回紹介する、カナガン ドッグフード チキンウエットタイプはもちろん、総合栄養食です。
これだけで、1日に必要な栄養がしっかり摂れ、また嗜好性も安全性も抜群の犬用缶詰になっています。

 

では、気になる原材料ですが

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 原材料表記

チキン生肉(66%以上)、サツマイモ(4%以上)、ニンジン、豆、ミネラル、サーモンオイル、アルファルファ、海藻、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカエキス、クランベリーエキス、マンナンオリゴ糖、リンゴ、ホウレンソウ、ガーリック、ペパーミント、パセリ、クミン

 

このカナガン ドッグフード チキンウエットタイプの原材料表記と
下記の原材料表記を比べて見て下さい。

 

 ヒルズ シニア用缶詰 原材料表記

ビーフ、大麦、トウモロコシ、ポーク、ホエー、チキンエキス、動物性油脂、ビートパルプ、植物性油脂、コーングルテン、フィッシュ、ミネラル類(カリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、マンガン、セレン)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、着色料(酸化鉄)

上記は動物病院などでもよく勧められてる、ヒルズの犬用缶詰の原材料表記です。
素人目で見ても、どちらが愛犬に取って美味しそうで、安全か一目瞭然でわかりますよね!

 

 

ウエットタイプは製造過程で熱を通します。
当然肉類は熱を通すと色が若干白っぽくなります。(薄くなる感じ)
人間の感覚から、缶を開けて見た目が白っぽいと美味しそうには見えないですよね
なので、飼い主さんに美味しさアピールをするために、着色料を使うメーカーが非常に多いのです。

 

でも、ワンちゃんは色弱で色の判別が出来ないので。赤かろうが、白かろうが、わからないんですけどね。。。

 

そして当然お肉を熱することで、ビタミン類が流出して不足してしまいます。
それを補う為に、食品添加物を使うメーカーがほとんどです。

 

お野菜類でビタミンの補給は当然できますが、コスト面で非常に高価になってしまいます。
なので、大量生産で安くで手に入る食品添加物を使うとこが多いのです。

 

美味しそうに見えるけど食品添加物を使ったウエットタイプと、
安全性を重視した高品質なウエットタイプと、
あなたはどちらを愛犬に選びますか?

 

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 成分分析値

粗たんぱく質: 10.0%   脂質: 7.0%   粗繊維: 0.5%   粗灰分: 2.5%   
水分: 75.0%

 

ヒルズ 犬用缶詰 成分分析値

粗蛋白質:4.0%以上、粗脂肪:2.5%以上、粗繊維:1.0%以下、粗灰分:1.4%以下、水分:78.0%以下、カルシウム:0.10%以上、リン:0.07%以上、ナトリウム:0.11%以下

 

上のカナガンとヒルズの成分分析値で比較して頂きたいのが、赤字で記載してるタンパク質量です。
犬は本来肉食動物で1番動物性タンパク質を多く必要とする動物です

 

カナガンのウエットタイプはタンパク質量10%に対して、ヒルズは4%しか入っていません。
どちらも1缶あたりの容量は、ほぼ同じです。

 

ウエットタイプのドッグフードはドライタイプに比べて水分量が多いので、当然タンパク質量はドライフードより少なくなります。市販されてる物はほぼ、
ヒルズと同じ4%ぐらいしかタンパク質量がありません。
カナガン チキンウエットタイプはそれだけ優れたウエットタイプであるという証になります。

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプのご紹介☆彡

 

新鮮なワンちゃん大好きなチキンをたっぷり使用。
厳選野菜をバランスよく取り合わせて、
じっくり煮込みました。
とにかく最高品質のお肉とお野菜の栄養がギュっと詰まったご馳走です。

 

 

 

 

 

 

こちらは3缶パックでのお届けです。
お得な定期購入コースもあり、最大20%オフで購入することも出来ます。

 

カナガン ドッグフードと同様に、品質管理がしっかり行き届いたイギリスの工場で作られています。
もちろん犬に不必要な穀物はフリー(不使用)
愛犬の健康を支える完ぺきな栄養バランスの為、

 

 

★ 普段からカリカリタイプのドッグフードが苦手なワンちゃん
★ 偏食がきつくて食が細いワンちゃん
★ 皮膚疾患でお悩みのワンちゃん

 

これらのワンちゃんにも最適なウエットタイプになっております。

 

 

愛犬の食事選びで困ってる方!」
食べなくて困ってる方!
喜んで食べるドッグフードを望む方に必見です!!

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 
ついに新登場しました☆彡

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/09/16 13:43:16

ドックフードには、本当に驚くほどの種類があります。
これから子犬を買う時、なにかいいドックフードがないか変えようと思ってる時、
種類が多すぎて、どれを選んでいいのか悩みますよね
ドッグフードを選ぶ時に、多くの人はお店や動物病院で相談することが多いと思います。
そこで勧められたドックフードは、果たして本当にいいドックフードなのでしょうか??

 

ペットショップ、動物病院には推奨フードと言うものがあります!

 

推奨フードとは?。。。ペットショップや動物病院がドックフードのメーカーと契約して好条件で卸してくれるドックフードのこと。中には1か月の販売ノルマを達成するとバックマージンがもらえる場合も。。。

 

ほとんどのペットショップや動物病院がドックフードのメーカーとの絡みから、ドックフードの中身より利益優先で、その推奨フードをおすすめして来ます。
もちろん中には本当にいいオリジン犬用の馬肉などを進めるショップや病院もあります。

 

ですが8割ほどは、中身重視ではない推奨フードを進めてくと思っててください。

 

 

では次にドックフードを調べる時に利用されるのが、ネット検索になるかと思います。
ネット検索した方の多くの方が、調べてるうちに、どのドックフードがいいのか余計にわからなくなった!。。。と言われます。

 

ネット検索で「ドックフード」と調べただけで、驚くほどの数のドックフードが出て来ます。
そしてサイトによって、これがいいよー あれはダメだよーなど、意見がバラバラで、どれが本当にいいドックフードなのか、わからなくなって来ます。

 

では、どうやって本当にいいドックフードか判断すればいいのか?

 

それは自分で犬の体のことを勉強するしかありません!

 

犬の体の構造を勉強すれば、必然的に本当に必要なもの、不必要な物がまずわかって来ます。
それがわかればドックフードに記載されてる原材料表記を見れば、いいドックフードか、悪いドックフードかの判断が自分で出来るようになります。

 

 

ドックフードのパッケージの裏には、必ずこのような原材料表記が記載されてます。
この原材料表記にはドックフードに含まれるもの、すべてを記載する義務があります。

 

この原材料表記はCMでもおなじみの愛犬元気というドックフードの原材料表記になります。

 

なんか。意味が わからないカタカナがいっぱい書いてますよね。。。
このわからないカタカナのほとんどが。添加物だと思ってください。
詳しくは、ドックフードに含まれる添加物を見てください。

 

 

犬は本来肉食動物です!
雑食性である、私たち人間とは体の構造が大きく違うと言う事を、まず理解しましょう

 

犬と私たち人間では1日に必要とする栄養素も違いますし、消化吸収出来る食材も異なります。
まずは犬と人間では必要な食べ物が違うんだ!とうことを理解してくださいね

 

愛犬の健康の為に、犬のことを勉強しましょう!

 

毎日の食事管理は、犬の健康の1番の基本になります。
そのためには本当に犬にとって必要な栄養、不必要な栄養をしっかり知る必要があります。

 

犬は本来肉食動物です。1番大切な栄養素は動物性たんぱく質になります。

 

そして犬は人間のように雑食でも草食性でもありません。
私たちが1番よく食べる炭水化物は犬に摂って多くを必要とする栄養素ではありません。

 

犬に必要な栄養については、詳しくは「ワンちゃんに必要な栄養とは?」に記載してますので、参考にしてください。

 

また、犬の体の構造を知ることで、人間と肉食動物の違い
どんなドックフードが必要なのかを知ることが出来ます。

 

「ドックフード選びは犬の体のことを考えて選びましょう」
こちらに詳しく記載していますので、是非勉強してみてくださいね

 

 

続きを読む≫ 2016/09/09 11:28:09

犬にとって最高の栄養、最高のご馳走、それが馬肉です!

 

犬は本来自分で獲物を捕獲して、仕留めた獲物をその場で食べる肉食動物です。
もちろん現代の犬が自分で獲物を捕獲して食べることはなく、飼い主から与えれたドッグフードを当たり前のように食べています。

 

でも、ちょっと考えてみてください!
。。。最近では犬はドッグフードが当たり前となっていますが、それは肉食動物の犬にとっては本来の食事スタイルでは、全くありません。
ドッグフードは加工食品です。
どれだけいいお肉が入ってるドッグフードでも、犬にとっては本来の食事スタイルではないので、当然内臓にも負担がかかります。
最近では、その犬にドッグフードが当たり前!から皮膚病になる、癌になる、そういうワンちゃんが多発しています。

 

あなたも犬本来の食事スタイルにして、愛犬の健康管理をしませんか

 

 犬に馬肉、生肉がいい理由とは

 

馬肉には多くの栄養素がバランスよく含まれています。特に馬肉は高タンパクで低カロリー、そしてミネラルグリコーゲンなども含まれています。

 

そのタンパク質にはペプチドという成分が多く含まれています。
グリコーゲンとは・・・動物性の多糖類の一種で、ブドウ糖に変化し、エネルギー源として大切な役割をもっています。
馬肉にはグリコーゲンが、他の食肉の3倍も含まれています。
よく馬肉を食べると体が温まる、といわれているのはグリコーゲンの働きかもしれません

 

またカルシウム牛豚の3〜4倍鉄分は牛豚鶏の約3〜4倍含まれていて、特に鉄分にはヘム鉄が豊富に含まれますし、ビタミンAやEといった、ビタミンも含まれています。

 

馬肉はこの他にも、健康に欠かせない必須脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸)が牛肉や豚肉に比べてバランスよく豊富に含まれています。

 

馬肉は食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です
少量で充分な量のタンパク質が補えますので、食欲の落ちたシニア犬にもおすすめです。

 

ここ数年食べ物の安全性が問題視されていますが、馬は牛、豚、鶏肉などの食肉の中で最も安全といえるでしょう。
馬は牛や豚、鳥と違って添加物やホルモン剤のような薬物を使いません。
ここはそうしたことからも身体自体がとてもキレイであるといえると思います。

 

当サイトでお勧めしてる馬肉は熊本県で飼育され、人間用として販売されてる高品質の馬肉になります!

 

 

 

 馬肉の栄養価について

 

エネルギー 110Kcal 水分 76.1g
タンパク質 20.1g 脂質 2.5g
炭水化物 0.3g 灰分 1.0g
カルシウム 11mg リン 170mg
4.3mg ナトリウム 50mg
カリウム 300mg マグネシウム 18mg
亜鉛 2.8mg 0.11mg
カロテン 微量 ビタミンB1 0.10mg
ビタミンB2 0.24mg ナイアシン 5.8mg
ビタミンC 1mg    

※ 可食部100gあたり

 

※ グリコラーゲン含有量 (100g中)
馬  2.290mg  牛 674mg  豚 432mg

 

 

 馬肉には牛や豚の2倍以上のタンパク質が含まれており、効率的に摂取することができます。

 

 脂肪分はわずか牛の約5分の1で、カロリーは牛豚の約半分。馬肉は100gあたり110kcalと鶏のササミと同じくらいの低カロリーです。

 

 馬肉は犬にとって必要な栄養素であるビタミン、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどミネラルがこのように豊富に含まれています。さらに注目すべきは、馬肉には、リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が多く豊富に含まれていることです。
これらの脂肪酸は、魚や植物に含まれるものですが、食肉の中でも馬肉には特に豊富に含まれています。

 

馬には他の家畜のように添加物や抗生物質、ホルモン剤のような薬物を使用しません。ですから他の家畜と比べて馬肉は極めて安心といえるのです

 

 

なんと言っても馬肉を生肉で食べるのが1番のおすすめです!
生肉で食べることでしか摂取出来ない酵素は犬にとって、非常に重要な役割を持っています!

 

※ 免疫力を強化する
※ 食糞を防ぐ(便を食べる習慣)
※ 変形性関節炎などの変形疾患 および毒素の蓄積を軽減させる
※ T−細胞の生産を増加する(T−細胞が抗癌細胞である)
※ 体重の過度の増加を防ぐ

 

これらの重要な役割を持つ酵素は、ドッグフードのような加熱食品では絶対に摂取することが出来ません!

 

犬本来の食事スタイルで、愛犬のご馳走である馬肉を生肉であげてみませんか☆彡
毎日の食事で愛犬の健康管理を!

 

 

 

続きを読む≫ 2016/08/23 14:09:23

以前は犬にはドッグフードが当たり前!
と言われており、誰もがドッグフードを信じ疑うことなく、あげてました。

 

しかし、最近では以前に比べて非常に犬に手作りご飯をあげる方が増えてきました。
また今はドッグフードだけど、今後は手作りご飯に変えたい!と言うかたも多いと思います。
今までは
ドッグフードをあげてる飼い主様。。。8割
   犬の手作りご飯派。。。2割 でした。

 

それが最近大きく変わってきたのはなぜだと思いますか?

 

 ドッグフードをあげていたけど、皮膚のトラブルが出てきた

 

 ドッグフードを嫌がって食べなくなってきた

 

 添加物が怖いので手作りご飯にした

 

 愛犬の健康を考えるとドッグフードでは不安

 

などなど、理由は様々ですが、1番多いのはドッグフードあげてて皮膚のトラブルが出てきたので、手作りご飯に変えたという方が非常に多いです。

 

うちも愛犬の為に手作りご飯にしよう!
。。。と思っても栄養のバランスなど大丈夫かなぁ??

 

犬の手作りご飯にする時の1番のお悩みはこれですよね!
では簡単にポイントをまとめてみます。

 

犬は本来肉食動物です!
食事中に1番多く必要とされるのは動物性たんぱく質です
(肉、魚、卵など)

お肉だけでは不足してしまうビタミンなどを補う為に少量のお野菜などが必要になります。

 

お肉7割:お野菜3割

 

この比率が非常に重要になって来ます。
このお肉と野菜の比率を逆にしてる方がとても多いので、気をつけてください!
お肉の割合が少なくなると動物性たんぱく質が不足して毛並みや皮膚の状態に悪影響が出てしまいます。

 

お野菜のカットの大きさですが、犬は野菜の消化があまり得意ではありません。
また、人間のように食べ物をすりつぶす歯がないので、基本丸のみになります。
お野菜は出来るだけ細かく刻んだものをあげるようにしてください!

人間のご飯と同じ感覚で作るのはダメ!!

 

人間は雑食ですが、犬は肉食動物です。
この時点で必要とする栄養成分の量が大きく変わってきます。
またもちろん、犬の手作りご飯に味付けは一切必要ありません!

 

犬に穀物はNG!

 

これも人間の食事と同じ感覚でご飯をあげてる方がいますが、
犬は穀物(米、大豆、トウモロコシ、小麦など)を消化する酵素を持っていません。
市販されてるドッグフードは、これらの穀物を多く使用しており、最近多い犬の皮膚病の原因にもなっております。
せっかくの愛犬の手作りご飯に穀物を入れることは、やめましょう!

犬の手作りご飯には馬肉が最高です☆

 

もちろん鶏肉でも動物性たんぱく質には変わりありませんが、残念ながら市販されてる鶏肉はブロイラーがほとんどです。
ブロイラーとは、短期間で急速に成長させる狙いで作られた鶏肉で、鶏に成長ホルモンなどを使用して大きくさせます。この成長ホルモンを打たれて鶏を食べることで犬のアレルギーの原因になってるとも言われております。せっかくの手作りご飯には安心して使えるお肉がいいですよね

 

馬肉は犬にとって、非常に美味しく、また栄養成分も優れたお肉になります。
馬肉は高たんぱく質、低脂肪で皮膚にいいオメガ脂肪酸も含まれております。もちろん生肉であげることも出来る清浄肉でアレルギー性も非常に低いお肉になります。

 

 

 

人間の馬刺しを取り扱っている馬刺し専門店が犬用の馬肉を販売しております。
こちらは生肉でも、もちろん食べれる、新鮮で高品質の「生馬肉」の販売になります。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/08/16 17:16:16

愛犬の皮膚トラブルでお悩みではないですか??

 

 

犬の皮膚は人間の皮膚に比べて、非常に薄くとてもデリケートです。
上記の画像のような皮膚のトラブルを起こす犬は非常に多くいます。

 

犬の皮膚のトラブルの主な原因は。。。

 

 食事によるアレルギー (添加物や穀物が多い食事など)

 

 ストレス (環境の変化、お留守番が多いなど)

 

 季節の変化 (花粉症や、湿気など)

 

 免疫力の低下 (高齢になった、病気になったなど)

 

これ以外にも犬の皮膚トラブルの原因は多くあります。
お散歩で草負けで湿疹が出来た。。。
なんかかゆがってる。。。

 

犬の皮膚トラブルは私たち飼い主が目にみてすぐわかるものなので
とても気になりますよね

 

しょっちゅう痒がってる、明らかに乾燥肌になってるなど
こんな時、病院に連れていくかどうか、悩むとこです。

 

犬の皮膚のトラブルには、

 

短期的なもの(ちょっと湿疹が出来たけど、すぐに治った)
季節的なもの(年間通して決まった季節だけトラブルが起きる)
慢性的なもの(年間通して、いつでもトラブルが起きてる)

 

大きく分けてこの3つのタイプになります。

 

1番改善が難しくなるのは、この慢性的な皮膚のトラブルの場合です。
この場合は犬が皮膚トラブルを起こす原因は1つではない場合がほとんどです。
複数の原因が絡んでる場合が多いの、1つのことを改善しても治るのは難しいことが多いのです。

 

 だけど出来るだけ病院や薬のお世話にはなりたくない。。。

 

毎日のケアで愛犬の皮膚トラブルを改善したい。。。

 

飼い主さんなら、みんなそう思いますよね!

 

 

 

そんな飼い主様に朗報です!!

 

ワンちゃん用化粧水??
あまり聞きなれない用品ですよね

 

実はこれは「アヴァンス」という犬用の化粧水で 温泉から生まれた 「温泉藻類 RG92」という特許成分が入ってる無添加の犬用化粧水なんです!

 

「アヴァンス」に含まれる成分は、世界タイトルを受賞した研究チームが開発しました!犬の被毛のヘアサイクルすべてにアプローチし、普段のブラッシングの時に使うだけで、簡単皮膚&被毛のケア☆彡

 

世界が認めた理論と技術を惜しみなく採用し、ワンちゃんの皮膚の悩みに特化したケア製品を開発してる会社が作った、犬用化粧水なんです!

 

 

 

 

 

 

 

【アヴァンス 全成分】  水、加水分解酵母エキス、加水分解コラーゲン、緑藻エキス、ユーカリ葉エキス、ローズマリー葉エキス

 

毎日使うものだから、
安心成分なのは当たり前!

 

「温泉サイエンス」と「ヘアケアサイエンス」の枠から生まれたワンちゃん用「塗る温泉」

 

全ての工程において化学薬品を一切使用していません。
また品質に関しても厳しい基準をクリアしている犬用化粧水なんです!

 

天然成分100%です☆

 

 

「アヴァンス」はどんな効果が期待出来るのか??

 

増加しているワンちゃんの皮膚、被毛のトラブルを特許成分「温泉藻類 RG92」が健やかにガード

 

大分県の別府温泉の地で発見された、温泉の中で生きる新種の「温泉藻」が肌環境と健康に役立つことが判明!

 

それがワンちゃんの肌と被毛を健康にする成分「温泉藻類 RG92」がアヴァンスにはなんと!3億個凝縮配合されてます!

 

アヴァンスを毎日使用することで

このような犬の皮膚トラブルを改善する効果が非常に期待できます。
※現在ワンちゃんの皮膚の炎症がきつい、痒きすぎで血が出てるなどの症状がある場合は、一度医師の相談をされてから使用してください。

 

使用方法 
<ヘアケア>
○アヴァンスを直接ワンちゃんにやさしくスプレーします。使用する部位が湿り気を帯びる程度にスプレーしてください。

 

○ 被毛全体に丁寧にブラッシングしてください。仕上げは自然乾燥です。

 

ブラッシングでフワフワになります! 
※毛質、毛の長さなどで個体差はあります。

 

<スキンケア>
○ 気になる部分の被毛を掻き分け、皮膚に直接スプレーしてください。目安はスプレー2プッシュです。

 

○ 使用後は、肌に馴染ませる要領で軽くマッサージを行うと効果的です。
※目の周りなどデリケートなところは、コットンなどに含ませてご使用ください。

 

 

大切な愛犬為に、毎日安心して使える天然成分100%のスキンケアを始めませんか☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/08/09 10:24:09

犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について