子犬の食事方法 子犬用ドッグフードおすすめ

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

子犬に必要な栄養や食事のあげかた

とても可愛い子犬の時期 生まれてから1年かけて成長していくとても大切な時期です
この時期は心も体もとても速いスピードで成長していきます 生まれてからの1年間は体の基本を作っていくとても大切な時期だけに 必要となる栄養はしっかりあげるようにしましょう

 

 

 

 

食事の与え方と回数について

生まれてすぐ〜4週目まで・・・母乳のみで栄養を摂取します

 

4週目〜離乳を開始します・・・子犬用フードをふやかして スプーンなどで潰しドロドロの状態にしてお皿から少しずつ食べる
              練習をします 離乳開始時期は 母乳(犬用ミルク)+ふかしたフード で栄養を摂取します

 

6週目あたり〜2か月頃・・・子犬用フードをしっかり食べれるようになってきたら 2か月頃まではふやかして 1日3回に
              分けてフードをあげるようにしましょう 

 

2か月頃〜4か月頃・・・徐々にふやかしの時間を短くして硬い状態に慣らしていきましょう 遅くとも3か月ごろには硬いままで
              食べれるようにしましょう 4か月頃までは1日3回に分けてフードはあげます

 

4か月以降・・・食事回数は1日2回にして 完全にドライフードの状態であげるようにしましょう

 

6か月〜7か月頃・・・この頃になると成長のスピードが緩やかになります その分必要な栄養量が減ることから 子犬自身の
              食べる量も少なくなります それはフードに飽きたのではなく 必要な栄養量が減っただけなので
              自然なことです この時期に食べなくなった 飽きたと勘違いしてフードを変える方が多いです
              フードをあまりコロコロ変えることは 子犬の成長にも しつけ面でもよくありません

 

子犬の成長について

 

生後から半年ぐらいまでを 急成長期といいます
生まれた時の体重の何倍にも大きく成長するこの時期は成犬に比べても多くの栄養を必要とする時期です 成犬用のフードに比べて1日にあげるご飯の量が多いのはこの為です
うんちやおしっこの回数も1番多い時期です

 

 

 

 

 

生後半年から1才までを成長期と言います
今までの成長に比べると緩やかになりますので 必要とする栄養が少し減ります このため子犬の食べる量も減ってきます 成長は緩やかになりますがまだまだ成長期なので子犬用のフードは1才まで必要になります

 

 

 

 

子犬 子猫に必要な栄養素

 

子犬と成犬では大きな栄養要求の違いがあります

 

子犬は成長し 新しい組織を作るために成犬よりも多くのタンパク質を必要とします

 

またとても速い成長のため多くのエネルギーを必要とし 同じ体重の成犬に比べると2倍以上の要求があります

 

 子犬にとって大切な栄養素は消化吸収のいい動物性タンパク質 動物性脂肪になります

 

たくさん栄養が必要な子犬ですが まだ胃袋は小さいのです・・・

 

ですから 少量でも沢山の栄養をバランス良く摂取するために 栄養密度の高い 子犬用のフードがおすすめです

 

そして子犬はまだ消化機能が未熟です

 

たくさんの量のペットフードから栄養の吸収をすることが出来ません 子犬用フードでも消化吸収のいい動物性タンパク質をしっかり使って少量で栄養が摂れ 腸も健康にしてくれるフードがおすすめです

※ ドッグフードの選び方 ワンちゃんに必要な栄養とは?に動物性タンパク質について詳しく書いてます

 

消化吸収のいい動物性タンパク質のみ使用し子犬に必要な栄養素を安心素材のみで作ってるペットフード

 

 

オリジン ドッグフード

 

オリジンは厳選された良質の鶏肉、魚、卵をベースにすべて人間の食材と同じ物を使用して作られた最高級のドッグフードです。偏食がきつい小型犬にも大人気のドッグフード。

 

子犬用には小型犬〜中型犬用のパピー
大型犬用のパピーラージの2種類があります。

 

 

 子犬から高齢犬までオールステージ用 今人気のドッグフード!
チキンベースでのおすすめNO!ドッグフード!

 

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

新しく日本でカナガンが購入出来るようになりました!

 

穀物フリーでチキンベース 小粒タイプで小型犬に最適なドッグフードです

 

タンパク質・・・チキン生肉26% 乾燥チキン25% 乾燥全卵3% エンドウタンパク少量

 

穀物・・・なし

 

着色料や合成保存料 合成保存料は未使用 

 

カナガンドッグフード 人気急上昇のひみつは

 

カナガンドッグフード おすすめドッグフードにも詳しく書いてます

 

ラム肉は苦手な小型犬に最適です 動物性素材60% 野菜 ハーブなど40% 使用のドッグフード イギリスでは食いつき抜群のドッグフード!食の細いワンちゃんは是非試してみて下さい

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について