最近とても多い犬の皮膚病について

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

ここ最近急増してる犬の皮膚病とは

 

最近とても増えて来てる犬の皮膚病 皮膚病とは大きく分けて2種類に分かれます

 

● アレルギー・・・ノミやダニ 食べ物 接触物などに反応して起きます

 

● アトピー・・・ほこりやダニ 花粉 ハウスダストなどが原因

 

 

● 脱毛症・・・部分的に脱毛して 地肌が見えるほどになります 皮膚は赤くなったり 色素が集まって黒ずんだりします それに痒みや悪臭などの症状を伴うこともあります
おもな原因は アレルギー 内分泌障害 寄生虫や真菌 細菌による感染です

 

● 脂ろう症・・・皮膚がベタついたり かさついたりする 
栄養のかたよりや 寄生虫や細菌の感染によって、皮膚から脂が異常に分泌されたり 皮膚の角質化が極端に進むことがあります 
またアレルギーやホルモン分泌量の異常なども原因になるこも少なくありません 

 

脂ろう症を予防するには

 

食事中の脂肪の質を良い物にする ⇒ ドッグフードに含まれてる脂肪分は何かをチェックする!(良質のドッグフードであれば脂肪分の配合量も最適に入ってます)

 

鶏油 鶏レバー油 ラム精製油 サーモン油 ニシン油 
動物性の脂肪で何の脂肪なのかを明確にしてるのがとても大切です

 

 

動物性脂肪  動物性油脂
動物性脂肪や動物性油脂を使っていると酸化が早いため 酸化防止剤が使われています ドッグフードに使われる酸化防止剤は発がん性などがある危険なものが多いです また動物性脂肪とは何を使ってるかが明確ではありません 良質のこだわりのドッグフードであれば原材料はすべて明確なもののみ使用してます

 

 実は犬の皮膚病で1番多いのは 「膿皮症」です!

 

犬の皮膚病と言うと アレルギーやアトピーが1番多いと思われてますが じつは「膿皮症」(のうひしょう)が1番多いと言われてます!皮膚がうんで、ひどくかゆくなる皮膚病です

⇒ 体の免疫力が低下したり 年をとったりして皮膚が抵抗力を失うと菌が異常に増え皮膚が可能することがあります これを膿皮症と呼びます

 

※膿皮症について詳しくは 犬 皮膚病 1番多いのは膿皮症

 

◎接触性アレルギー

 

犬の中には ノミ取り首輪 プラスチック製の食器 じゅうたん シャンプー 用具など 薬品が含まれる物質がアレルゲンとなってます 首の周りや 口周りが赤くなったり 脱毛したり痒くなったりする場合もあります

◎アトピー性皮膚炎

 

症状として左の図の場所に赤みや痒みを伴います 
ひどい痒みの場合 犬はその部分をしきりに掻いたりなめたりして その為皮膚が傷ついたり ただれたりします

 

◎ノミアレルギー性皮膚炎の場合

 

耳の後ろや背中から腰にかけて あるいは しっぽから肛門 陰部の周りにの皮膚に 脱毛やブツブツした赤い発疹が見られます

 

◎食物アレルギーの場合

 

こちらの写真のように顔面が赤くなり痒がります 食べ物のアレルギーの場合 アレルギーの原因となる食べ物を食べて比較的短時間で症状が出ます
まれに下痢や嘔吐などを併発します
食物アレルギーの場合 アトピーやノミのアレルギーを併発することがあります

 

 

★ 食物アレルギーになりやすい食べ物とは?

 

牛肉 鶏肉 卵 大豆 小麦 トウモロコシ 
オートミール 
着色料 保存料 酸化防止剤
 など

 

※小麦が最もアレルギー性が高いと言われてます
犬にとって小麦は最も消化率が悪い食物です 小麦には多くのグルテンが含まれます しかし犬は小麦グルテンを適切に消化する酵素を持っていません 小麦の摂取によってアレルギー症状だけでなく耳感染や肉球を噛むなどの症状が出やすくなります

 

【ペットフードに常用されている危険性の高い添加物】

 

●エトキシキン
肝臓ガン、胃潰瘍、膀胱ガンなどを引き起こすことが報告されている。ゴムの安定剤、
除草剤として開発され、米国では殺虫剤、除草剤、防カビ剤などに使用されている。
日本では食品への使用はもちろん農薬などへの使用も認められていない。

 

●BHA:ブチル・ヒドロキシ・アニソール
ペットフードによく使用される合成保存料。ラットによる試験で発ガン性がある
ことが報告され、消費者団体から「禁止せよ!」との大合唱が起こった、
いわくつきの添加物。

 

●BHT:ブチル・ヒドロキシ・トルエン
代表的な合成保存料。肝臓・腎臓の機能障害をはじめ代謝ストレス、胎児の異常、
血清コレステロールの増加を引き起こすことが報告されている。また、甲状腺ガン
との関連性も指摘される。

 

●亜硝酸ナトリウム
赤色着色料。保存料としても使用される。動物性タンパク質が分解して出来る
アミンと反応して発ガン性物質を生成する。

 

 残念ながら上記に記載した食物アレルギーになりやすい物は多くのドッグフードにかなりの割合で利用されてます ドッグフードを選ぶ時はしっかり原材料のチェックをして下さい

 

 

 犬が皮膚病になった時はどうすればいいの?

 

 まずしっかりワンちゃんを観察してアレルギーの原因を探ってみて下さい
アレルギーは基本治るものではありませんが 原因を取り除くことで程度が軽くなることが多いです 病院で血液検査をしても原因がはっきりわからないことが多いです それどころか驚くほどに色んな物にアレルギー反応が出ることが多くあります

 

 シャンプーに気を付けよう

 

シャンプーは天然素材の皮膚にやさしい物を使用する 間違ってもノミ取りシャンプーは成分はきついのでダメ! シャンプーのやり過ぎも余分な皮脂まで落としてしまい乾燥の原因に 夏場で2週間に1回 冬場は月1回が目安

 

 ブラッシングは毎日しっかりしてあげる

 

毎日のブラッシングで毛についたホコリや汚れが取れます それだけでなく皮膚のマッサージ効果もあり血行をよくし新陳代謝を活発にします

 

 毎日のお散歩はしっかり行きましょう

 

ストレスを溜めるとアレルギーなどの症状を悪化させてしまいます 毎日のお散歩でしっかりストレスを発散させましょう 適度な運動は体の新陳代謝を促し 健康な体と美しい被毛を保ちます  また日光に当たることはとても大切です 太陽光に当たることでカルシウムの吸収を促進する効果があります

 

 ドッグフードはアレルギー物質の含まれてない栄養バランスがいい物をあげる

 

毎日の食事は健康に1番影響します 皮膚や被毛は栄養が1番最後に行く部分なので消化吸収の悪いドッグフードを食べてると皮膚は健康になれません 毎日の食事でしっかり皮膚に栄養を与え免疫力をつけてアレルギーに負けない強い体を作ることがとても大切です

 

皮膚・被毛にいい栄養成分・・・動物性タンパク質(鶏肉 ラム肉 魚など)
               オメガ脂肪酸3 オメガ6脂肪酸 (ドッグフードに含まれてる場合保証分析値に記載されてます)

 


低アレルギー性で皮膚を健康にして免疫力を強化する効果が高い おすすめドッグフードはこちら

 ラム肉のドッグフードおすすめNO1ドッグフード! チキンのアレルギーが気になるワンちゃんに☆
NDF ナチュラルドッグフード|安心・安全の100%無添加!評判のプレミアムドッグフード通販

 

こちらのNDFドッグフード レビュー総まとめ も見て下さいね!
タンパク質・・・ラム肉のみ30%以上使用 鶏肉は未使用 

 

穀物・・・玄米 オーツ麦 大麦使用で炭水化物は34%と少な目(一般のドッグフードは50%前後が多い)

 

着色料 合成保存料 合成食品添加物は未使用 

 

※消化吸収抜群のドッグフードで1日のご飯量は少な目です

 

チキンベースでのおすすめNO!ドッグフード!ラム肉が苦手な小型犬におすすめの人気ドッグフード☆

 

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

 

新しく日本でカナガンが購入出来るようになりました!

 

穀物フリーでチキンベース 小粒タイプで小型犬に最適なドッグフードです アレルギーの原因になり穀物未使用の低アレルギー性のドッグフード

 

タンパク質・・・チキン生肉26% 乾燥チキン25% 乾燥全卵3% エンドウタンパク少量

 

穀物・・・なし

 

オメガ6脂肪酸 オメガ3脂肪酸をバランスよく配合 

 

着色料や合成保存料 合成保存料は未使用 

 

カナガンドッグフード 人気急上昇のひみつは

 

カナガンドッグフード おすすめドッグフードにも詳しく書いてます

 

ラム肉は苦手な小型犬に最適です 動物性素材60% 野菜 ハーブなど40% 使用のドッグフード イギリスでは食いつき抜群のドッグフード!食の細いワンちゃんは是非試してみて下さい

 

穀物フリーで厳選された新鮮な素材のみ使用「オリジン」

 

 

タンパク質・・・新鮮な産地直送の鶏肉 魚 卵 ラム肉などをたっぷり使用(フードの種類により使ってる素材は変わります) 動物性タンパク質のみです

 

穀物・・・未使用で低炭水化物(野菜などから多少出る炭水化物のみ含まれてるので炭水化物は20%ほどとかなり少な目)

 

オメガ6脂肪酸 オメガ3脂肪酸をバランスよく配合

 

着色料や合成保存料 合成食品添加物は未使用 

 

自社運搬トラックで原材料を冷蔵輸送 自社キッチンのみでの調理と品質管理は抜群のドッグフードです

 

※消化吸収抜群のドッグフードで1日のご飯量は少な目です
オリジン ドッグフードレヴューも参考に見て下さい

 

 うちのアトムくんも愛用中 嗜好性抜群!毛並もうんちの状態の最高です!

 


 

カナダ直輸入ドッグフード専門店

 

タンパク質・・・仔羊肉 鶏肉 鮭肉 鶏レバー 卵 などの動物性タンパク質のみです

 

穀物・・・大麦 米などを使用で炭水化物 35%と低炭水化物

 

着色料や合成保存料 合成食品添加物は未使用

 

米消化吸収抜群のドッグフードで1日のご飯量は少な目です

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について