プードルの特長とおすすめドッグフード

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

トイプードルの特長とは?ドッグフードのおすすめとは?

【安心・安全 ドッグフード 売上ランキング☆彡】

カナガン ドッグフード (小型犬に大人気!嗜好性抜群)

店頭販売を一切していない 通販専用ドッグフード「カナガン」
宣伝広告費をかけていないため 値段の割にグレードの高い原材料を使用
店頭販売してるドッグフードではこの原材料でこの値段はあり得ません!
新鮮な鶏肉をたっぷり使用 犬が苦手な穀物は未使用 合成保存料や着色料は
もちろん使用してません すべてが人間の食材と同じ物を使った
「ヒューマングレードのドッグフード」それが「カナガン」です
カナガンについて詳しくはこちらから

犬用 鹿肉 (ドッグフードを食べないワンちゃんに大人気!)

 

鹿肉は犬にとって最高のお肉です!
高タンパク 低脂肪 犬に必要な栄養がしっかり摂れ 美味しさも抜群!ヨダレだらだらのワンちゃん続出のお肉です。
生肉であげることによって犬にとても大切な「酵素」も摂れます
ドッグフードが嫌い お腹が弱い アレルギーがある など
お悩みのあるワンちゃんオーナーから大人気の鹿肉 
犬本来の食事と言える 「生の鹿肉」をあげてみませんか☆彡

 

犬用鹿肉について詳しくはこちらから

NDF ドッグフード (チキンアレルギーのワンちゃんに大人気!)

こちらも店頭販売を一切していない 通販専門ドッグフードです
同じく宣伝広告費をかけていない分 原材料に優れたものをしっかり使用
新鮮なラム肉をたっぷり使用し もちろんすべてヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフードです
チキンが苦手なワンちゃんにおすすめ!新鮮なラム肉を使って消化吸収も抜群 1日のご飯量は少な目で嗜好性もとてもいいドッグフードです☆彡
NDFドッグフードについて詳しくはこちらから

 

プードル今1番の人気犬種はトイ・プードルです!
ここ数年前から不動の人気犬種NO1をキープするほどの人気振りです 
これから子犬を飼おうとしてる方もプードルを検討してる方が多いのではないでしょうか
そんな人気NO1のプードルでも残念なことに 里親募集にプードルが沢山出てるのも事実です
里親に出される1番の原因は育児放棄です
「プードルって思ってたのと違った!」とならないためにもプードルのことをもっと知ってあげて下さいね
プードルは見た目は可愛いくて、小さくて飼いやすそう!と思うかたも多いようですが、プードルといっても、やはり犬であることには変わりありません。もちろん吠えもしますし、しつけをちゃんとしなければ、噛むこともあります。プードルを見た目の可愛さだけで選ぶのではなく、気質などもしっかり把握してあげましょう!

 

トイ・プードルの歴史 プードルの歴史って?

 

プードルプードルの歴史は古く 紀元前30年ごろのローマ皇帝の記念碑にプードルの彫刻が残されてます

 

もともとプードルは水鳥猟で獲物を回収する水猟犬でした ショーなどでおなじみのプードル独特の刈り込みは この水猟犬だった頃に始まったと言われてます

 

その後愛玩性が追及され小型化の改良が進められ 18世紀にトイ・プードルが誕生しました 

 

 

 

 

 プードルのサイズや色って?

 

スタンダードプードル・・・体高45cm〜60cm
ミディアムプードル・・・体高38cm〜45cm
ミニチュアプードル・・・体高28cm〜38cm
トイプードル・・・体高28cm以下 体重標準 3k〜4k
ティーカッププードル・・・体重2k以下

 

プードルのカラー

 

トイプードルは様々な被毛のカラーがあり、全身単色であるのが理想とされています。
基本カラーはブラック・ホワイト・ブラウン系で、その濃淡のカラーが基本となっています。

 

JKCの公認カラーは現在14色!
基本となる毛色は、ブラック、ホワイト、ブラウンの3色からなり、その他
レッド、アプリコット、シルバー、ベージュ、シルバーベージュ、シャンパン、
カフェオレ、クリーム、ブルー、グレー、シルバーグレーがあります。

 

 プードルの性格・性質

 

●非常に温厚
●フレンドリーな性格
●頭が良くて利口
●いたずら好き
●シングルコートで毛も抜けにくいし臭いも少ない
 (犬アレルギーの人でもプードルだと反応が出ないケースも多いです)
●頭がよく 非常にしつけが通りやすい 初めて犬を飼うかたでもおすすめです(もちろん子犬の時のしつけは必要です)
●無駄吠えも少なく 運動量も少なくてすみ マンションでの飼育も可能です(お散歩は1日1回は必要です)

 

 プードルのケア方法は?

 

トイプードルはシングルコートで抜け毛は少ないのが大きなメリットですが
デメリットでもあります。
というのは毛が抜けないということは、人間の髪の毛のように際限なく伸びるということだからです。
プードルは巻き毛ですので、放っておくとすぐに毛玉ができ、ほどけなくなってしまいます。
ですので、しっかりしたブラッシングとカットでまめにお手入れしてあげることが必要になるのです。

 

◎ブラッシング
体全体を「スリッカー」でブラッシングして抜けそうな毛を取り除きます。
ブラシで絡まった毛をすこしずつほぐして毛玉や絡みをといてあげます。

 

ブラッシングで気をつけることは、あまり力を入れすぎないようにすることです。
スリッカーの先端は針金状になっているので、皮膚を傷つけてしまうことがあります。

 

顔や喉、内股あたりは比較的に毛が薄いので、丁寧にブラッシングをしましょう。

 

◎耳そうじ
トイプードルはたれ耳で、また、耳の中に毛が密集して生えているので、ムレがちです。
耳からにおいがすることが良くありますが、掃除をしてあげれば解消できます。
週に1回は、綿棒で掃除をしてあげましょう。

 

トリミングの際には耳の毛も抜いてもらえるよう、頼んでおきましょう。
自分で抜くときは、ゆっくりではなく、一気に引っ張って抜いてしまうのがコツです。

 

◎目の手入れ
目の回りの毛が伸び始めると、よく目やにがつきやすくなってしまいます。
特に、ホワイトやクリームなどの淡い毛色の場合には涙やけが目立ってきますので、
涙と目ヤニはほっとかずに拭いてあげましょう。

 

プードルに多い病気とは?

非常にデリケートな犬種で 皮膚病 アレルギー 目や耳の病気にかかりやすいです 

 

それ以外に多い病気は・・・低血糖症  睾丸停滞(♂のみ)  気管虚脱  てんかん  白内障  膝蓋骨の脱臼  眼瞼内反症  クッシング症候群  軟骨形成不全  癌 

 

平均寿命は10年から14年と言われてます

 

 プードルの飼い主さんに多い悩みとは?

 

プードルの飼い主さんの多くが悩むこと!

 

ドッグフードを食べない!(好き嫌いが多い 食べても少しだけ)

 

お腹が弱い!(プードルは比較的消化吸収能力が他の犬種より低い子が多いです)

 

皮膚のトラブルが多い!(何が原因かはわからないけどアレルギーがある)

 

上記の3つで悩まれるかたがとても多いです この3つの悩みに共通してるのが 「食事」です 

 

アレルギーの原因は色々ありますが 免疫力を上げることが予防でも1番大切で 食事の内容で皮膚が健康になる栄養をしっかり摂れるドッグフードなどをあげることが大切になってきます

 

 

 

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について