ドッグフードの選び方は種類を理解することから

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

ドッグフードの種類 ドライフード 半生タイプ 犬缶 無添加ドッグフード などの違いは?

ドッグフードには下記にまとめてるように ドライフードから半生タイプまで色々な種類があります
フードの種類によって値段も原材料も大きく変わってきます 

 

犬にとっての必要な栄養については ドッグフードの選び方 ワンちゃんに必要な栄養とは? にくわしく載せてますので 是非内容を確認しながらドッグフードの違いを見てみて下さいね

 

 


ドライフード
水分量10%以下のドッグフード 残り90%が栄養素
ドライフードにも種類が色々あります

 

値段もかなり幅があって1k398円から2000円以上するものまで 
価格の差は 原材料の違いだと思って下さい

 

※写真のドライフードは「カナガン」ドッグフードの粒になります

 

ドライフードの中でも下記のように種類が分かれます


PBドッグフード(プライベートブランドのドッグフード)

 

ホームセンターや大手スーパーなどがなどが独自ブランドから出しているドッグフードです 
8Kが798円などビックリするほど安い値段で売られてます
原材料もビックリするような中身になってます
原材料・・・小麦 ふすま タピオカなど (犬にとって全く必要とされない原材料ばかりです)



NBドッグフード(ナショナル ドッグフード)

 

ホームセンターやスーパーでよく見かける3k698円などで売られてるお安めなドッグフード
CMでよく見かける見た目も美味しそうに色が付いてるフードもNBフードです 
チラシの特売によく使われてます 着色料 合成保存料共に使用されてることがほとんどです

 

(例)愛犬元気 ペディグリーチャム ビタワン など
原材料・・・トウモロコシ 大豆 小麦 米 チキンミール などが多いです

 

プレミアムドッグフード

 

1k600円以上と少し高めのドッグフードになります 主にホームセンター ペットショップで販売されてる商品になります
NBフードに比べると 動物性タンパク質の使用比率が高くなり 
メーカーによっては合成保存料などを使用していないドッグフードもあります

 

(例)サイエンスダイエット アイムス プロマネージ ファーストチョイス
原材料・・・トウモロコシ 鶏肉 ラム肉 大麦 小麦 米 など(メーカーにより異なります)


スーパープレミアムドッグフード

 

1k 1300円以上のドッグフード 主にペットショップで販売されてる専門店フードと言われてます
子犬の生体フード(ペットショップの子犬にあげてるご飯)として使われてるのが このフードになります
ペットショップで子犬を飼った時に最初に買うドッグフードはだいだいがこの生体フードです

 

(例)ロイヤルカナン プロプラン ユーカヌバ ナチュラルチョイス など
原材料・・・鶏肉 ラム肉 トウモロコシ 大麦 など(フードにより異なります) 

 

療法食(動物病院専用フード)

 

病気の時や予備群で予防のために使用されるフード こちらは1k2000円ほどとお高めのフードになります
基本は動物病院のみ販売出来るドッグフードですが 最近では店頭やネット通販でも購入出来るとこもあります

 

(例)ペッツプラン(ロイヤルカナンの療法食) プリスクリプション(サイエンスダイエットの療法食) ユーカヌバ療法食
原材料・・・トウモロコシ 米 鶏肉 魚 カンガルーなど(アイテムにより異なります)

 

無添加ドッグフード

 

着色料 合成保存料 食品添加物などを使用していないドッグフード 
値段は比較的高めになりますが 安心素材にはなります
無添加ドッグフードでも全部のドッグフードが動物性タンパク質のみを使用してる訳ではありませんので
原材料はしっかり確認した方がいいです 
ちなみに 「カナガン」ドッグフード は動物性タンパク質のみを使用した 無添加&栄養バランスも最高のドッグフードです

 

(例)カナガン NDFドッグフード アカナ オリジン
原材料・・・鶏肉 ラム肉 魚 卵 大麦 など(ドッグフードにより異なります)

 

半生ドッグフード(セミモイストタイプ)

 

水分量30%ほどのドッグフード 栄養素は70%と低めのため ドライフードに比べて1日のあげるフードの量は多め
更に水分量が多いので腐りやすいやカビが生えやすくなるため防腐剤を使用している
NBフードよりは少し高めの値段設定が多い 1k598円ぐらいが多い
ドライフードよりも臭いがきつめなものが多く ワンちゃんによっては半生ドッグフードしか食べないというこも多いです

 

(例)ミンチスペシャル ゲインズパックン 銀のさら など
原材料・・・牛肉や鶏肉 何かしらの防腐剤

 

 

 ウエットフード (缶詰 トレータイプ パウチなど)

 

水分量80%以下 栄養素は20%ほどとかなり低めなので ウエットタイプだけで1日の栄養を満たすのは困難
柔らかいフードの分 どうしても歯に付着してしまうので口臭などの原因にもなりやすい
値段は安いものから高価なものまで色々 着色料を使用してるものが多いです

 

ワンちゃんマメ知識
ワンちゃんは味覚はあまり発達してないので 味ではなく嗅覚で判断します その為ニオイがきつい缶詰やパウチなどのウエットタイプを好むワンちゃんが多いんですね  ちょっと缶詰を試してみよう。。。なんて気持ちで1度あげてしまうと癖になってドライフードを食べなくなった。。。なんてことも多いのでご注意を!

 犬にとって上記記載に記載したドッグフードの中でどれが1番いいかわかりますか?
もちろん値段が高いのがいいでしょう!と思うと思いますが 中にはとてもいい原材料を使っても比較的安くで販売してる 「カナガン」ドッグフード 「NDFドッグフード」 などもあります ぜひ色々と原材料を比較してみて下さい

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について