犬の栄養に1番必要なタンパク質とは?

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬に1番必要な栄養はタンパク質です

犬に1番大切な栄養素はタンパク質です!

 

タンパク質は犬の体をつくるうえで1番多く必要な栄養素になります

 

毎日あげてる食事の中に1番多くタンパク質が含まれてなくてはいけません そしてそのタンパク質は質と量もとても大切になってきます

 

いくらペットフードにタンパク質が多く入っていても 犬にとって質の悪いタンパク質では栄養として消化吸収することが出来ません
そんな大切なタンパク質にはどんな役割があるのでしょうか?

 

犬にとってのタンパク質の役割とは?

 

犬の体の組成 水分 56% (43%〜67%)
  粗たんぱく質 16% (11〜21%)
  粗脂肪 23% (10〜40%)
  灰分 3.5% (2〜6.7%)
犬の臓器の重さ 筋肉 40〜57%
  骨 8〜13%
  皮膚・被毛 9〜16%
  血液 6〜8%
  心臓 0.5%〜1・7%
  脳 0.5%
  肝臓 2.3%〜4.2%

()は犬種により異なります

タンパク質の大切な役割

 

タンパク質は犬の体(組織)の生成・維持のとても大切な栄養素です

 

 血・骨・筋肉・皮膚・被毛これらを作る大切な成分です

 

上記の図を見てもわかるように たんぱく質は体の臓器の大半を占める割合で必要な栄養素となってます

 

驚くなかれ、体中のタンパク質は24時間休む暇なく作り変えられています。目の前にいる愛犬の毛も皮膚も内臓もそして血液や骨までもタンパク質で構成されているうえ、タンパク質からなる酵素が細胞の中には所狭しと詰まっていて代謝を担っているのです。

 

犬の体を作り、代謝と免疫力を保つ大事な要素、それがタンパク質。すべての生命体の基本はタンパク質、犬の体もこのタンパク質抜きには語れないというぐらい大事なのです。

 

ちなみにこちらは犬の皮膚の断面図になりますが この皮膚を作るのも タンパク質と脂肪分なのです

 

皮脂膜などは脂肪分に含まれる栄養で作られますが それ以外の皮膚・被毛はタンパク質 

 

そして皮膚・被毛は栄養が1番最後に回ってくる場所です しっかりタンパク質を摂らないと皮膚・被毛の栄養が足りなくなり 皮膚が荒れる 毛量が少なくなる 体臭がきつくなる 抜け毛が増える などの影響が出てしまいます 今現在皮膚のトラブルでお悩みの方はタンパク質が影響してる可能性が高いかもしれませんね

 

こちらは 犬の筋肉の解剖図です

 

見ておわかりのように 犬の体はとても多くの筋肉で構成されてます

 

これらの筋肉をたんぱく質が作ってくれるのです

 

ちなみに筋肉が作られないとそこは脂肪が付きやすくなります

 

 

 

免疫系とタンパク質

 

丈夫な体に欠かせない免疫機能はタンパク質で出来ています。そのため免疫細胞を作る造血組織に充分なタンパク質が供給されないといけません

 

タンパク質の供給が不足して真っ先に機能が低下するのは免疫系とも言われ、まず皮膚の感染症にかかりやすくなり、若い犬では慢性の下痢や寄生虫に感染しやすくなる。また長期でタンパク質が不足すると毛の質も悪くなり、艶がなく乾燥し傷んだ毛になる。この際は特に、毛を構成するアミノ酸の供給も重要です

 

筋肉のみならずとにかく体に大事なのはタンパク質なのです

犬の体の構造を見て見ましょう

 

 

上記の図を見てもらうとわかると思いますが まず人間と犬の腸の長さが全然違います 人間は雑食性で腸が長いですが 犬は肉食性で腸の長さが短いです 

 

  肉食動物の腸の長さ犬も含む

 

   約57m(体長の約6倍)

 

  腸が短く、動物性の食物の消化に適してます。

 

    草食動物の腸の長さ

 

   約40m(体長の約20倍)

 

 腸が長く、植物性の食物の消化に適してます。

 

 たんぱく質には 動物性タンパク質 植物性タンパク質 の2種類があります

 

動物性タンパク質とは・・・犬にとってとても消化吸収のいいタンパク質

 

お肉(鶏肉 ラム肉 牛肉 鹿肉 馬肉など) 魚(サーモン ニシン ナマズ カレイ 白身魚など) 卵 など

 

植物性タンパク質とは・・・肉食の犬にとってとても消化吸収しにくいタンパク質

 

大豆 小麦 トウモロコシ コーングルテン など

 

犬に必要なたんぱく質の量とは?

 

では愛犬の体に必要なタンパク質って一体どのくらいでしょうか?

 

タンパク質の摂取量には下のような3つのカテゴリーがあります

 

1.生命を維持するのに最低限必要な量

 

「生命を維持するのに最低限必要な量」とは、これだけ摂っていれば最悪でも死ななくて済むという量のこと。これを下回る量では低たんぱく血症を引き起こし、体の恒常性が維持できなくなる。悪い例かもしれませんが、飢餓で苦しむとある国の栄養失調の子供の姿を思い浮かべて下さい。血清中のたんぱく質機能が阻害され、免疫機能や物質の血中内運搬が低下してしまいます

2.体全体に充分行き渡る理想的な量

 

「体全体に充分行き渡る理想的な量」は、負荷のない生活の中で犬の体が必要とするタンパク質量が全てまかなわれ、免疫機能や代謝が滞ることなく、健康をある程度のレベルで維持してゆける量のこと。少々のストレスや感染にも充分耐えられるだけのリザーブを作り、一般家庭に飼われている犬の食餌はまずここが基本になります

3.使役や運動・負荷に耐えるのに必要な量

 

「使役や運動・負荷に耐えるのに必要な量」というのは、犬の生活状況により使役(盲導犬や警察犬など)や運動(ソリ犬やスポーツドッグなど)そしてさらには妊娠・授乳中の母犬(一時的な体への負荷)など、普段よりも多めのエネルギーやタンパク質を必要とする場面において追加するべき量のことを言います。 このプラスαが供給されないと体はストレスに負けやすくなるのは当然、妊娠中の母犬であれば母犬だけの問題ではなく、お腹の仔犬にもタンパク質が充分供給されず弱った個体となる。また授乳中も同じことが言え、ブリーディングの場において極めて重要なポイントであります

 

1日に最低必要な犬のたんぱく質量 
成犬で1kあたり4.8g(高齢犬の場合更に多め) 子犬で9.6g です

 

ちなみに5kの成犬だと 4.8g×5=24g 必要です
成長期の3か月の子犬2kだと 9.6g×2=19.2g 必要になります

 

ペットフードに含まれるたんぱく質量の計算方法

 

こちらのペットフードの場合 
成犬用でタンパク質 23%となってます 

 

1日にあげるご飯量が5kで120gの場合

 

 

120×0.23=27.6gタンパク質が入ってることになります 

 

ただし!こちらのペットフードのように消化吸収の良くない植物性タンパク質をほとんど使っている場合 この27.6g全部が栄養として摂れる訳ではありません!

 

 タンパク質には 「生物価」 というものがあります!

 

生物価=犬が消化吸収出来るたんぱく質の値

 

卵 100% 鶏肉 94% 牛肉 83% 小麦 60% トウモロコシ 54%

 

要するに ワンちゃんが卵を食べた場合 卵に含まれるたんぱく質は100%栄養として摂ることが出来ますが トウモロコシをワンちゃんが食べた場合 そこに含まれるたんぱく質量の54%しか栄養として摂取出来ない と言うことです!

 

 

こちらは オリジン の保証分析値です

 

タンパク質量 38%

 

5kのワンちゃんの1日のご飯量 70g

 

70g×0.38=26.6g たんぱく質が含まれてます

 

オリジンの場合 たんぱく質は動物性タンパク質のみ使用してるペットフードで 鶏肉 卵を使用してますので この26.6gはほぼ栄養として摂取出来てると考えていい訳です 

 

 犬に1番必要なたんぱく質は 質と量 がとても大切になってきます 植物性タンパク質が入ってるペットフードでは 1日に必要なタンパク質量を摂ることが出来ない と言うことです!
タンパク質の不足は 免疫力低下 皮膚のトラブル 涙やけ 筋肉量の低下など 様々なところに影響が出ます 良質な動物性タンパク質が入ってるペットフードをしっかり選んであげて下さいね!

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について