犬の飼い方 これから犬を飼う方必見

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬の飼い方 犬について勉強しましょう

 犬は動物の中でも1番感受性が豊かで 人間の良きパートナーとなれる素晴らしい動物です 
人間の言葉も300種類ほど理解することが出来る賢さも持っています
そんな素晴らしい犬のことを より理解して接してあげることで よく言われる「問題行動」もなく 人間との共同生活を送ることが出来るのです 
犬に人間のことを理解させる前に 飼い主さんはまず犬のことをしっかり理解してあげて下さいね

 

犬の飼い方 まずは犬の社会について理解しましょう

 

犬の祖先はオオカミです そのことから犬は肉食動物であり 人間のような雑食性ではありません なので人間と同じ物を食べてても 犬に必要な栄養は満たされません まして犬は穀物がとても苦手です 食べ物にしても生活週間にしても人間と同じではない!ということを覚えておきましょう

 

オオカミは群れを作って生活する動物です そしてその群れには必ずリーダーがいます 群れのなかではリーダーは絶対的な存在でした リーダーに歯向かうことは許されないのです リーダーに歯向かうことは「死」を意味するほどのものでした ですがリーダーは自分より下の者を守り 食事を与えてくれる 信頼でき頼れる存在でした このオオカミの群れは縦一列の社会で リーダーを1番 その下に2番 次に3番と 同じ順番に2匹いることはありません 完全な縦社会なのです そしてこの社会は犬社会も同様なのです

 

実は犬の飼い方に1番大事なのは
「犬は縦社会の動物」であることを理解することなんです!

 

これを理解しないで犬と接していると 問題行動に発展してしまう可能性が非常に高くなります
逆を言えば これを理解して犬に接していれば 問題行動はほとんどないと言えるでしょう

 

 

飼い主さんは愛犬のリーダーにならなくてはいけません

 

犬は今一緒に暮らしている家族を自分の群れだと思います そして犬はその家族の中で誰が自分のリーダーなのか確認しだします これは子犬の頃から始まるものです 

 

犬は常に自分が上位に立とうと争う動物です 犬が認めたしっかりしたリーダーがいなければ 自分がリーダーになろうとします
 犬が家族の中で自分がリーダーだと思ってしまったら もう大変!飼い主の言うことは聞きません(自分の方が上だと思ってるので 下の言うことなんか聞きません) 

 

自分はこの家族を守るリーダーだから知らない人が来たら守らないと!と誰かきたら ワンワン吠えまくります 下手したら噛みます 出されたご飯も気に入らなかったら食べません 
散歩に行きたかったら ワンワン要求します 遊びたかったら要求します とにかく自分の思うように要求します 
こうならない為にも 犬は家族の中で1番下の存在 飼い主さんは絶対的なリーダーであることを しっかり教える必要があります

 

すべての主導権は飼い主さんが持つこと 犬の要求を聞かない事!可愛がるのと 甘やかすのは違うということをしっかり理解しましょう

 

犬はとても忠実な動物です 飼い主さんとの信頼関係がしっかり出来ていればより素晴らしいパートナーになれます
しっかり 愛犬の良きリーダー 良きパートナーになって下さいね

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について