犬 嘔吐 急な犬の嘔吐にも慌てないように

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬の嘔吐について

【安心・安全 ドッグフード 売上ランキング☆彡】

カナガン ドッグフード (小型犬に大人気!嗜好性抜群)

店頭販売を一切していない 通販専用ドッグフード「カナガン」
宣伝広告費をかけていないため 値段の割にグレードの高い原材料を使用
店頭販売してるドッグフードではこの原材料でこの値段はあり得ません!
新鮮な鶏肉をたっぷり使用 犬が苦手な穀物は未使用 合成保存料や着色料は
もちろん使用してません すべてが人間の食材と同じ物を使った
「ヒューマングレードのドッグフード」それが「カナガン」です
カナガンについて詳しくはこちらから

犬用 馬肉 (ドッグフードを食べないワンちゃんに大人気!)

馬肉は犬にとって最高のお肉です 
高タンパク 低脂肪 犬に必要な栄養がしっかり摂れ 美味しさも抜群!
生肉であげることによって犬にとても大切な「酵素」も摂れます
ドッグフードが嫌い お腹が弱い アレルギーがある など
お悩みのあるワンちゃんオーナーから大人気の馬肉 
犬本来の食事と言える 「生の馬肉」をあげてみませんか☆彡
犬用 馬肉について詳しくはこちらから

NDF ドッグフード (チキンアレルギーのワンちゃんに大人気!)

こちらも店頭販売を一切していない 通販専門ドッグフードです
同じく宣伝広告費をかけていない分 原材料に優れたものをしっかり使用
新鮮なラム肉をたっぷり使用し もちろんすべてヒューマングレードの食材のみを使ったハイグレードのドッグフードです
チキンが苦手なワンちゃんにおすすめ!新鮮なラム肉を使って消化吸収も抜群 1日のご飯量は少な目で嗜好性もとてもいいドッグフードです☆彡
NDFドッグフードについて詳しくはこちらから

   犬の嘔吐には2種類あります!

 

犬は本来よく吐く動物です

 

ですが頻繁に犬が嘔吐してると とても心配になりますよね

 

飼い主さんは愛犬が嘔吐した時に 心配のない嘔吐なのか

 

病院に連れて行く必要がある嘔吐なのかを見極めなければいけません

 

まずは犬が嘔吐した時に様子をしっかり観察して下さい

 

【犬の生理現象での嘔吐の場合】

 

 空腹時や朝に胃液を吐いてしまう

 

朝や空腹時に胃液を吐く犬が多いのは胃酸過多が原因とされます。
胃の中に何も入っていない状態時が長く続くと胃酸が多く出て、逆流したり胸焼けを起こして胃液を吐いてしまうのです。
ちなみに白い泡状の物が胃液で、黄色い液体は胆汁となります。

 

 大量にご飯を食べて吐いてしまう

 

犬は基本満腹感がありません 与えたら与えただけ食べてしまいます 必要以上に食べると容量オーバー分を吐き戻してしまいます

 

 早食いをして吐く

 

大型犬に多い早食い 一気に食べ過ぎて喉に引っかかった感じで吐き戻すことがあります

 

 散歩の時に草を食べて吐く

 

犬は散歩途中で生えてる草を食べて吐き出すことがあります 農薬などの危険もあるので草を食べないように気を付けてあげて下さい

 

 生理現象での嘔吐の場合 犬は吐いた後でもケロっとしており元気があります そして何回も嘔吐を繰り返すこともありません 

【病的な犬の嘔吐の場合】

 

 1日のうちに何度も繰り返して吐く(あるいは吐き気をもよおしてる)

 

 あきらかに元気がない

 

 嘔吐だけでなく下痢もしてる

 

 嘔吐だけでなく発熱もしている

 

 吐いたものの中に血や異物が混じっている

 

 犬が腹部や胸部 それに横隔膜の筋肉全体を波打たせるように動かして苦し気に吐く時には急性の病気の可能性があります

 

 はげしい嘔吐を起こす原因は色々あります 異物を飲み込んだり 異物が原因で腸閉塞をおこした時にも激しい嘔吐の症状が出て 腹部が張ってきて 食欲がなくなります

 

 食べたものを反射的に吐くときは 巨大食道症などの病気の可能性があります

 

 他にも胃潰瘍 胃捻転 胃拡張などが嘔吐を引き起こす原因となります これらはいずれも救急の治療を必要とします

 

 いずれも激しく嘔吐する 元気がない 長時間続くなどがある場合はすぐに病院に連れて行きましょう

 

 

加入してると安心 もしもの時のペット保険☆彡

 

人気のPS保険に無料資料請求が出来る!早速バナーをクリック ↓↓↓

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について