無添加ドッグフードの選び方

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

無添加ドッグフードの選び方 内容をしっかり確認しましょう

   

 

愛犬を家族の一員として とても可愛がってる飼い主さんが1番気になることは やはり愛犬の健康のこと! そして健康の為の基本は「毎日の食事」です

 

人間同様に添加物が多く含まれてる食事は犬にとって良くないことも 皆さんご存知ですよね!
では 「無添加ドッグフード」 ならどれでも安心なのか?

 

答えは 「NO!」 です!!

 

なぜなら 無添加ドッグフードでも 犬にとって必要な栄養だけがしっかり入ってる訳ではないんです いくら添加物が入ってなくても 犬に必要な栄養が入ってないと意味ないですよね??

 

犬に必要な栄養 不必要な栄養をしっかり理解しましょう

 

犬の祖先はオオカミです そのことから 

 

犬は雑食ではなく 肉食動物だということを理解して下さい!

 

人間とは体の構造・必要とする栄養素も大きく違います

 

ドッグフード選びは犬の体のことを理解して選びましょうを参照して下さい☆彡

 

ドッグフードも肉食動物にあった内容のものを選ばなくてはいけません

 

犬には動物性たんぱく質が1番多く必要になります
(鶏肉・ラム肉・馬肉・鹿肉・魚・卵など)

 

 

逆に犬は植物性たんぱく質が苦手です
(トウモロコシ・大豆・小麦・コーングルテンなど)

 

犬は穀物も苦手です(米・トウモロコシ・大豆・小麦など)
犬は穀物に含まれる デンプンを消化する酵素を持っていません 穀物を食べれば内臓に負担がかかるだけです

【無添加ドッグフードの原材料をしっかり確認しましょう!】

 

こちらは国産の無添加ドッグフードの原材料になります
原材料表記は1番多く入ってるものから記載する決まりになってます

 

生肉(牛、豚、鶏、馬、魚肉、牛レバー)、穀物(大麦、玄米、小麦、燕麦、はと麦)魚粉(鰹節、鰯煮干、発酵片口鰯)、サツマイモ、ジャガイモ、鶏がら、煎り練りゴマ、ひまわり油、キャノーラ油、脱脂大豆、ビール酵母、卵殻カルシウム、牛骨カルシウム、ホエイタンパク、脱脂粉乳、海藻粉末、糖蜜、リジン、メチオニン

 

見た感じ体に良さそうな原材料が入ってますが 人間には良くても 犬にとっては赤字で記載の原材料は苦手な食材になります

 

下記 原材料は無添加ドッグフードの 「カナガン」の表記になります

 

原材料・・・骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

こちらの無添加ドッグフード 「カナガン」は犬に必要な動物性たんぱく質がたっぷり入ってて 犬が苦手な穀物は不使用 食材はすべて人間の食材を使用した無添加ドッグフードになります

 

無添加ドッグフードの選び方のポイント

 

 添加物が無添加なだけでなく すべての原材料が人間の食材を使用してるものを選ぶ!

 

 主原料に動物性たんぱく質(お肉・魚・卵など)をたっぷり使用してるものを選ぶ!

 

 穀物(米・トウモロコシ・大豆・小麦など)を使ってないドッグフードを選ぶこと!

 

 

【上記の条件を満たしている無添加ドッグフードはこちら☆彡】

 

カナガン オリジン

新鮮な鶏肉をたっぷり使用 超小粒タイプで嗜好性も抜群 小型犬に大人気の無添加ドッグフードです
⇒ 「カナガン」について詳しくはこちら

 

厳選されたお肉・魚・卵をたっぷり使用した無添加ドッグフード 原材料はすべて人間の食材を使用して 嗜好性も抜群 ドッグフードが苦手なワンちゃんにも食べやすい無添加ドッグフードです
⇒ 「オリジン」について詳しくはこちら

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について