犬の夏バテ 食欲がない 犬の暑さ対策は

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬の夏バテ 犬の食欲がない時の対策は?

犬はとても暑さに弱い動物です 犬の皮膚には汗腺がないため 暑い時に汗をかいて体温を冷やすことが出来ません 体温が上昇した時に冷やす唯一の方法は口で激しく呼吸をすることです しかしこれもあまり有効な方法とは言えません
まずは飼い主さんがワンちゃんが夏バテにならないように気を付けてあげるのが1番です
ではどんなことに気を付ければいいのでしょうか?

 

 

 

<夏バテの犬の症状>

 

 ごはんをあげてもあまり食欲がない。

 

 動かないでぐったりしてしまっている。

 

 いつもの元気がなくなってしまっている。

 

 おなかを壊している(下痢など)。

 

 なかなか眠りにつけない。

 

 いつも散歩を嫌がる。

 

 

とにかくワンちゃんを暑い中に長時間置きっぱなしにしないこと!!

 

 これをやってしまうと夏バテを通りこして熱中症になる危険があります
車中にエンジンを切った状態で待たせておくのは いくら窓を開けてても熱中症になる危険性が高いので絶対やめましょう また外飼いしてるワンちゃんの場合 日当たりのいい場所はさせて日陰の風通しのいい場所に夏場は変えてあげてください

 

室内でのお留守番をさせる場合・・・窓の閉めっぱなしは避けましょう 窓を開けて風通しを良くするか 1階などで窓を開けれない場合 除湿でもいいのでクーラーを軽くいれててあげましょう 電気代がもったいないからと 間違っても閉めっぱなしクーラーなしは止めましょう 熱中症になる危険が高くなります

 

 とにかく水分補給はしっかりしましょう!!

 

  新鮮なお水をいつでもすぐに飲める状態にしててあげましょう 犬が脱水症状を起こすと熱中症になる危険性が高まります そして熱中症になるだけでなく脱水症状が続くと腎臓などにも負担がかかります 水分不足は犬の夏バテの原因にもなりますのでしっかり水分はあげてください(但し水道水はNG! 詳しくは 犬 水について 水を飲まない?水をよく飲む? )

 

 犬の食事内容を見直そう!!

 

犬の夏バテの症状に食欲がなくなるというのがあります 人間同様に暑くて食が進まなくなるワンちゃんは特に小型犬に多いです 
極端に食事量が少ない日が続くと体力も免疫力も低下してしまいます
この時期は特に少量でしっかり栄養がとれる食事をあげて下さいね また普段の食事に鹿肉をプラスしてあげるのもおススメですよ

 

 

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について