犬の手作りご飯に馬肉を使うといい理由

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

愛犬の為の手作りご飯におすすめの馬肉

以前は犬にはドッグフードが当たり前!
と言われており、誰もがドッグフードを信じ疑うことなく、あげてました。

 

しかし、最近では以前に比べて非常に犬に手作りご飯をあげる方が増えてきました。
また今はドッグフードだけど、今後は手作りご飯に変えたい!と言うかたも多いと思います。
今までは
ドッグフードをあげてる飼い主様。。。8割
   犬の手作りご飯派。。。2割 でした。

 

それが最近大きく変わってきたのはなぜだと思いますか?

 

 ドッグフードをあげていたけど、皮膚のトラブルが出てきた

 

 ドッグフードを嫌がって食べなくなってきた

 

 添加物が怖いので手作りご飯にした

 

 愛犬の健康を考えるとドッグフードでは不安

 

などなど、理由は様々ですが、1番多いのはドッグフードあげてて皮膚のトラブルが出てきたので、手作りご飯に変えたという方が非常に多いです。

 

うちも愛犬の為に手作りご飯にしよう!
。。。と思っても栄養のバランスなど大丈夫かなぁ??

 

犬の手作りご飯にする時の1番のお悩みはこれですよね!
では簡単にポイントをまとめてみます。

 

犬は本来肉食動物です!
食事中に1番多く必要とされるのは動物性たんぱく質です
(肉、魚、卵など)

お肉だけでは不足してしまうビタミンなどを補う為に少量のお野菜などが必要になります。

 

お肉7割:お野菜3割

 

この比率が非常に重要になって来ます。
このお肉と野菜の比率を逆にしてる方がとても多いので、気をつけてください!
お肉の割合が少なくなると動物性たんぱく質が不足して毛並みや皮膚の状態に悪影響が出てしまいます。

 

お野菜のカットの大きさですが、犬は野菜の消化があまり得意ではありません。
また、人間のように食べ物をすりつぶす歯がないので、基本丸のみになります。
お野菜は出来るだけ細かく刻んだものをあげるようにしてください!

人間のご飯と同じ感覚で作るのはダメ!!

 

人間は雑食ですが、犬は肉食動物です。
この時点で必要とする栄養成分の量が大きく変わってきます。
またもちろん、犬の手作りご飯に味付けは一切必要ありません!

 

犬に穀物はNG!

 

これも人間の食事と同じ感覚でご飯をあげてる方がいますが、
犬は穀物(米、大豆、トウモロコシ、小麦など)を消化する酵素を持っていません。
市販されてるドッグフードは、これらの穀物を多く使用しており、最近多い犬の皮膚病の原因にもなっております。
せっかくの愛犬の手作りご飯に穀物を入れることは、やめましょう!

犬の手作りご飯には馬肉が最高です☆

 

もちろん鶏肉でも動物性たんぱく質には変わりありませんが、残念ながら市販されてる鶏肉はブロイラーがほとんどです。
ブロイラーとは、短期間で急速に成長させる狙いで作られた鶏肉で、鶏に成長ホルモンなどを使用して大きくさせます。この成長ホルモンを打たれて鶏を食べることで犬のアレルギーの原因になってるとも言われております。せっかくの手作りご飯には安心して使えるお肉がいいですよね

 

馬肉は犬にとって、非常に美味しく、また栄養成分も優れたお肉になります。
馬肉は高たんぱく質、低脂肪で皮膚にいいオメガ脂肪酸も含まれております。もちろん生肉であげることも出来る清浄肉でアレルギー性も非常に低いお肉になります。

 

 

 

人間の馬刺しを取り扱っている馬刺し専門店が犬用の馬肉を販売しております。
こちらは生肉でも、もちろん食べれる、新鮮で高品質の「生馬肉」の販売になります。

 

 

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について