犬に馬肉、生肉がいい理由とは

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬に馬肉、生肉で健康になろう!

犬にとって最高の栄養、最高のご馳走、それが馬肉です!

 

犬は本来自分で獲物を捕獲して、仕留めた獲物をその場で食べる肉食動物です。
もちろん現代の犬が自分で獲物を捕獲して食べることはなく、飼い主から与えれたドッグフードを当たり前のように食べています。

 

でも、ちょっと考えてみてください!
。。。最近では犬はドッグフードが当たり前となっていますが、それは肉食動物の犬にとっては本来の食事スタイルでは、全くありません。
ドッグフードは加工食品です。
どれだけいいお肉が入ってるドッグフードでも、犬にとっては本来の食事スタイルではないので、当然内臓にも負担がかかります。
最近では、その犬にドッグフードが当たり前!から皮膚病になる、癌になる、そういうワンちゃんが多発しています。

 

あなたも犬本来の食事スタイルにして、愛犬の健康管理をしませんか

 

 犬に馬肉、生肉がいい理由とは

 

馬肉には多くの栄養素がバランスよく含まれています。特に馬肉は高タンパクで低カロリー、そしてミネラルグリコーゲンなども含まれています。

 

そのタンパク質にはペプチドという成分が多く含まれています。
グリコーゲンとは・・・動物性の多糖類の一種で、ブドウ糖に変化し、エネルギー源として大切な役割をもっています。
馬肉にはグリコーゲンが、他の食肉の3倍も含まれています。
よく馬肉を食べると体が温まる、といわれているのはグリコーゲンの働きかもしれません

 

またカルシウム牛豚の3〜4倍鉄分は牛豚鶏の約3〜4倍含まれていて、特に鉄分にはヘム鉄が豊富に含まれますし、ビタミンAやEといった、ビタミンも含まれています。

 

馬肉はこの他にも、健康に欠かせない必須脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸)が牛肉や豚肉に比べてバランスよく豊富に含まれています。

 

馬肉は食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です
少量で充分な量のタンパク質が補えますので、食欲の落ちたシニア犬にもおすすめです。

 

ここ数年食べ物の安全性が問題視されていますが、馬は牛、豚、鶏肉などの食肉の中で最も安全といえるでしょう。
馬は牛や豚、鳥と違って添加物やホルモン剤のような薬物を使いません。
ここはそうしたことからも身体自体がとてもキレイであるといえると思います。

 

当サイトでお勧めしてる馬肉は熊本県で飼育され、人間用として販売されてる高品質の馬肉になります!

 

 

 

 馬肉の栄養価について

 

エネルギー 110Kcal 水分 76.1g
タンパク質 20.1g 脂質 2.5g
炭水化物 0.3g 灰分 1.0g
カルシウム 11mg リン 170mg
4.3mg ナトリウム 50mg
カリウム 300mg マグネシウム 18mg
亜鉛 2.8mg 0.11mg
カロテン 微量 ビタミンB1 0.10mg
ビタミンB2 0.24mg ナイアシン 5.8mg
ビタミンC 1mg    

※ 可食部100gあたり

 

※ グリコラーゲン含有量 (100g中)
馬  2.290mg  牛 674mg  豚 432mg

 

 

 馬肉には牛や豚の2倍以上のタンパク質が含まれており、効率的に摂取することができます。

 

 脂肪分はわずか牛の約5分の1で、カロリーは牛豚の約半分。馬肉は100gあたり110kcalと鶏のササミと同じくらいの低カロリーです。

 

 馬肉は犬にとって必要な栄養素であるビタミン、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどミネラルがこのように豊富に含まれています。さらに注目すべきは、馬肉には、リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が多く豊富に含まれていることです。
これらの脂肪酸は、魚や植物に含まれるものですが、食肉の中でも馬肉には特に豊富に含まれています。

 

馬には他の家畜のように添加物や抗生物質、ホルモン剤のような薬物を使用しません。ですから他の家畜と比べて馬肉は極めて安心といえるのです

 

 

なんと言っても馬肉を生肉で食べるのが1番のおすすめです!
生肉で食べることでしか摂取出来ない酵素は犬にとって、非常に重要な役割を持っています!

 

※ 免疫力を強化する
※ 食糞を防ぐ(便を食べる習慣)
※ 変形性関節炎などの変形疾患 および毒素の蓄積を軽減させる
※ T−細胞の生産を増加する(T−細胞が抗癌細胞である)
※ 体重の過度の増加を防ぐ

 

これらの重要な役割を持つ酵素は、ドッグフードのような加熱食品では絶対に摂取することが出来ません!

 

犬本来の食事スタイルで、愛犬のご馳走である馬肉を生肉であげてみませんか☆彡
毎日の食事で愛犬の健康管理を!

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について