ドックフードの選び方について

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

ドックフードの評価、これって本当なの??

ドックフードには、本当に驚くほどの種類があります。
これから子犬を買う時、なにかいいドックフードがないか変えようと思ってる時、
種類が多すぎて、どれを選んでいいのか悩みますよね
ドッグフードを選ぶ時に、多くの人はお店や動物病院で相談することが多いと思います。
そこで勧められたドックフードは、果たして本当にいいドックフードなのでしょうか??

 

ペットショップ、動物病院には推奨フードと言うものがあります!

 

推奨フードとは?。。。ペットショップや動物病院がドックフードのメーカーと契約して好条件で卸してくれるドックフードのこと。中には1か月の販売ノルマを達成するとバックマージンがもらえる場合も。。。

 

ほとんどのペットショップや動物病院がドックフードのメーカーとの絡みから、ドックフードの中身より利益優先で、その推奨フードをおすすめして来ます。
もちろん中には本当にいいオリジン犬用の馬肉などを進めるショップや病院もあります。

 

ですが8割ほどは、中身重視ではない推奨フードを進めてくと思っててください。

 

 

では次にドックフードを調べる時に利用されるのが、ネット検索になるかと思います。
ネット検索した方の多くの方が、調べてるうちに、どのドックフードがいいのか余計にわからなくなった!。。。と言われます。

 

ネット検索で「ドックフード」と調べただけで、驚くほどの数のドックフードが出て来ます。
そしてサイトによって、これがいいよー あれはダメだよーなど、意見がバラバラで、どれが本当にいいドックフードなのか、わからなくなって来ます。

 

では、どうやって本当にいいドックフードか判断すればいいのか?

 

それは自分で犬の体のことを勉強するしかありません!

 

犬の体の構造を勉強すれば、必然的に本当に必要なもの、不必要な物がまずわかって来ます。
それがわかればドックフードに記載されてる原材料表記を見れば、いいドックフードか、悪いドックフードかの判断が自分で出来るようになります。

 

 

ドックフードのパッケージの裏には、必ずこのような原材料表記が記載されてます。
この原材料表記にはドックフードに含まれるもの、すべてを記載する義務があります。

 

この原材料表記はCMでもおなじみの愛犬元気というドックフードの原材料表記になります。

 

なんか。意味が わからないカタカナがいっぱい書いてますよね。。。
このわからないカタカナのほとんどが。添加物だと思ってください。
詳しくは、ドックフードに含まれる添加物を見てください。

 

 

犬は本来肉食動物です!
雑食性である、私たち人間とは体の構造が大きく違うと言う事を、まず理解しましょう

 

犬と私たち人間では1日に必要とする栄養素も違いますし、消化吸収出来る食材も異なります。
まずは犬と人間では必要な食べ物が違うんだ!とうことを理解してくださいね

 

愛犬の健康の為に、犬のことを勉強しましょう!

 

毎日の食事管理は、犬の健康の1番の基本になります。
そのためには本当に犬にとって必要な栄養、不必要な栄養をしっかり知る必要があります。

 

犬は本来肉食動物です。1番大切な栄養素は動物性たんぱく質になります。

 

そして犬は人間のように雑食でも草食性でもありません。
私たちが1番よく食べる炭水化物は犬に摂って多くを必要とする栄養素ではありません。

 

犬に必要な栄養については、詳しくは「ワンちゃんに必要な栄養とは?」に記載してますので、参考にしてください。

 

また、犬の体の構造を知ることで、人間と肉食動物の違い
どんなドックフードが必要なのかを知ることが出来ます。

 

「ドックフード選びは犬の体のことを考えて選びましょう」
こちらに詳しく記載していますので、是非勉強してみてくださいね

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について