カナガン ドッグフードからウエットタイプ新登場

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

カナガン ドッグフードから最高級のウエットタイプが新登場!

 

今非常に人気急上昇中のカナガン ドッグフードから

 

ついに!ウエットタイプが新登場しました!!

 

もちろんウエットタイプなのに、完全無添加の安心して使っていただけるドッグフードになってます☆その辺で売ってる犬の缶詰めとは、訳が違いますよ〜

 

そもそも、カナガン ドッグフードって何??
ってかたもいると思います。
そんな方はこちらをご覧下さい→カナガンドッグフード おすすめドッグフード

 

ではでは、何がこのカナガン ドッグフードのウエットタイプは他の犬缶と違うかと言いますと。。。

 

まず犬用の缶詰めには大きく2種類があることを覚えて下さい

 

一般食・・・ドッグフードと併用して使うことが出来る食事
逆を言うと、この缶詰めだけでは栄養は取れないので、ドッグフードと混ぜてあげてくださいね、ということです。
ホームセンターやペットショップで比較的安くで販売されてる犬の缶詰はほとんどがこの一般食です。

 

総合栄養食。。。これだけで犬に必要な栄養がすべて取れる食事
逆に言うと、ドッグフードとの併用がいらず、他に何もあげる必要がない食事です。
市販で総合栄養食の犬用缶詰は種類も少なく、また高値で販売されてます。

 

犬用缶詰のパッケージの裏に必ず、一般食か総合栄養食かの記載があります。

 

今回紹介する、カナガン ドッグフード チキンウエットタイプはもちろん、総合栄養食です。
これだけで、1日に必要な栄養がしっかり摂れ、また嗜好性も安全性も抜群の犬用缶詰になっています。

 

では、気になる原材料ですが

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 原材料表記

チキン生肉(66%以上)、サツマイモ(4%以上)、ニンジン、豆、ミネラル、サーモンオイル、アルファルファ、海藻、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカエキス、クランベリーエキス、マンナンオリゴ糖、リンゴ、ホウレンソウ、ガーリック、ペパーミント、パセリ、クミン

 

このカナガン ドッグフード チキンウエットタイプの原材料表記と
下記の原材料表記を比べて見て下さい。

 

 ヒルズ シニア用缶詰 原材料表記

ビーフ、大麦、トウモロコシ、ポーク、ホエー、チキンエキス、動物性油脂、ビートパルプ、植物性油脂、コーングルテン、フィッシュ、ミネラル類(カリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、マンガン、セレン)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、着色料(酸化鉄)

上記は動物病院などでもよく勧められてる、ヒルズの犬用缶詰の原材料表記です。
素人目で見ても、どちらが愛犬に取って美味しそうで、安全か一目瞭然でわかりますよね!

 

 

ウエットタイプは製造過程で熱を通します。
当然肉類は熱を通すと色が若干白っぽくなります。(薄くなる感じ)
人間の感覚から、缶を開けて見た目が白っぽいと美味しそうには見えないですよね
なので、飼い主さんに美味しさアピールをするために、着色料を使うメーカーが非常に多いのです。

 

でも、ワンちゃんは色弱で色の判別が出来ないので。赤かろうが、白かろうが、わからないんですけどね。。。

 

そして当然お肉を熱することで、ビタミン類が流出して不足してしまいます。
それを補う為に、食品添加物を使うメーカーがほとんどです。

 

お野菜類でビタミンの補給は当然できますが、コスト面で非常に高価になってしまいます。
なので、大量生産で安くで手に入る食品添加物を使うとこが多いのです。

 

美味しそうに見えるけど食品添加物を使ったウエットタイプと、
安全性を重視した高品質なウエットタイプと、
あなたはどちらを愛犬に選びますか?

 

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 成分分析値

粗たんぱく質: 10.0%   脂質: 7.0%   粗繊維: 0.5%   粗灰分: 2.5%   
水分: 75.0%

 

ヒルズ 犬用缶詰 成分分析値

粗蛋白質:4.0%以上、粗脂肪:2.5%以上、粗繊維:1.0%以下、粗灰分:1.4%以下、水分:78.0%以下、カルシウム:0.10%以上、リン:0.07%以上、ナトリウム:0.11%以下

 

上のカナガンとヒルズの成分分析値で比較して頂きたいのが、赤字で記載してるタンパク質量です。
犬は本来肉食動物で1番動物性タンパク質を多く必要とする動物です

 

カナガンのウエットタイプはタンパク質量10%に対して、ヒルズは4%しか入っていません。
どちらも1缶あたりの容量は、ほぼ同じです。

 

ウエットタイプのドッグフードはドライタイプに比べて水分量が多いので、当然タンパク質量はドライフードより少なくなります。市販されてる物はほぼ、
ヒルズと同じ4%ぐらいしかタンパク質量がありません。
カナガン チキンウエットタイプはそれだけ優れたウエットタイプであるという証になります。

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプのご紹介☆彡

 

新鮮なワンちゃん大好きなチキンをたっぷり使用。
厳選野菜をバランスよく取り合わせて、
じっくり煮込みました。
とにかく最高品質のお肉とお野菜の栄養がギュっと詰まったご馳走です。

 

 

 

 

 

 

こちらは3缶パックでのお届けです。
お得な定期購入コースもあり、最大20%オフで購入することも出来ます。

 

カナガン ドッグフードと同様に、品質管理がしっかり行き届いたイギリスの工場で作られています。
もちろん犬に不必要な穀物はフリー(不使用)
愛犬の健康を支える完ぺきな栄養バランスの為、

 

 

★ 普段からカリカリタイプのドッグフードが苦手なワンちゃん
★ 偏食がきつくて食が細いワンちゃん
★ 皮膚疾患でお悩みのワンちゃん

 

これらのワンちゃんにも最適なウエットタイプになっております。

 

 

愛犬の食事選びで困ってる方!」
食べなくて困ってる方!
喜んで食べるドッグフードを望む方に必見です!!

 

カナガン ドッグフード チキンウエットタイプ 
ついに新登場しました☆彡

 

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について