鹿肉が主原料のドッグフードは犬にいいのか?

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬に鹿肉がいいのはなぜ?

ここ2〜3年で犬に人気が急上昇したのが鹿肉です。
そして最近では鹿肉が主原料のドッグフードが非常に増えてきました。
以前までは鶏肉が主原料のドッグフードがほとんどだったのですが、アレルギーが出るワンちゃんが多くなったことから、鹿肉が犬のアレルギーに効果が高い!ということで色々なメーカーから鹿肉が主原料のドッグフードが発売されてきました。
では、そもそも鹿肉は犬にとって良いお肉なのか?
鹿肉が主原料のドッグフードなら、どれでも犬にとっていいものなのかを検証してみました。

 

犬にとって鹿肉がいい理由とは何?
デメリットもあるの?
簡単に鹿肉のメリット、デメリットを
まとめてみました。

 

犬にとっての鹿肉のメリット☆

 

○鹿肉は犬にとって非常にいい動物性たんぱく質。
○鹿肉は高たんぱく、低脂肪でヘルシーである
○アレルギー性も非常に低いお肉
○基本は野生の鹿がほとんどなので、抗生物質を打たれたり、肥料の農薬の心配がない
○鹿は他の動物に比べ体温が高い動物なので、寄生虫が湧きにくい
○犬にとって非常に美味しいお肉
○犬にとって鹿肉は非常に消化吸収がいいお肉なので、お腹にも優しい
○偏食がきつい犬でも喜んで食べることが多い

 

鹿肉のデメリット

 

○あまり市場に多く出回っていないお肉の為、高価になりやすい
○手に入りにくい

 

デメリットは犬に対してというより、飼い主様に対してという感じですね
特に北海道でしか獲れないエゾ鹿は、非常に高価格で取引されており、
一般では手に入りにくくなっております。
犬にとって鹿肉のデメリットは、ほとんど見当たらないと言っても過言ではありません!

 

 では鹿肉を使ってるドッグフードなら、
なんでも犬にとっていいの?

 

 答えはNO!です。

 

もちろん鹿肉は犬にとって最高のご馳走です!
しかし鹿肉が主原料のドッグフードでも、それ以外にも多くの原材料が含まれます。
主原料だけを見るのではなく、ドッグフード全部の原材料をチェックする必要があります。

 

※ドッグフードの裏面に原材料表記が必ず載っています。
ドッグフードに含まれる原材料はすべて表記することが義務づけられています。

 

 ドッグフードの原材料表記は1番多く含まれるものから順番に記載することが義務づけられています。まずは原材料表記のトップに鹿肉が記載されてるか確認してください。

 

 犬は基本肉食動物であるということを理解してください!動物性たんぱく質(ここでは鹿肉)は非常に重要な役割を持っています。

 

 犬は肉食動物であることから、穀物類の消化吸収が非常に苦手です。(大豆、小麦、大麦、トウモロコシ、玄米)
これらが含まれるドッグフードは、いくら主原料が鹿肉だとしても犬にとって良いドッグフードだとは言えません!

 

 鹿肉が主原料のドッグフードでも、食品添加物を使っていては犬にとって良いドッグフードとは言えません(ビタミン類の添加など)

 

鹿肉が主原料のドッグフードで、着色料、保存料、香料さえ使っていなければ無添加ドッグフードと言えるが、食品添加物は使ってるのがほとんど。。。

 

今、鹿肉が主原料のドッグフードを買うかどうか悩んでいる方は、まずは上記のことを原材料表記を見てしっかり確認してみてくださいね!

 

本当に鹿肉が主原料のドッグフードで、ビタミン類の補給はお野菜類を入れてるドッグフードであれば、本当にいい鹿肉が主原料のドッグフードと言えます。

 

愛犬の為に、是非最高のドッグフードを見つけてあげてくださいね☆彡

 

エゾ鹿肉をワンちゃんにあげてみませんか〜

 

こちらのショップでは、ドッグフードではなく、生のエゾ鹿肉を販売しております。
ドッグフードから生肉は抵抗がある!と言う方は、まずはドッグフードのトッピングで利用してもOK!普段からドッグフードと併用しても大丈夫ですし、手作り食の方はメインのお肉にエゾ鹿肉を使うのも最高ですよ!
偏食、アレルギーでお悩みの方にも最高のエゾ鹿です☆彡

 

ペット用エゾ鹿商品の販売はこちらから

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について