犬の下痢 原因について

愛犬に本当にいい物だけを厳選して選んであげましょう☆彡

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。 2015年から子犬の販売に関する規制が厳しくなり、現在子犬の販売頭数が大きく減っており、ペット業界は大打撃を受けております。このような状況になるとペットフードメーカーはコスト削減の為、ドッグフードの品質をどんどん落としてきます。飼い主様が知識を持って、愛犬にいいドッグフードを選んであげましょう!

犬の下痢には様々な原因があります

犬のうんちは健康のバロメーターです!

 

犬のうんちは普段食べてるものによって 形 硬さ 色が変わります

 

普段から愛犬のうんちの状態をしっかり把握しておくことがとても大事です

 

そして いつもと明らかに違ううんちが出た時は しっかりうんちの状態を観察して下さい!

 

 うんちの固さ 回数 色 臭い 形 うんちに混在物がないか

 

   よくある犬の下痢の原因

 

 食べ物が関係する下痢

 

犬の下痢の原因で1番多いのは食べ物の影響による下痢です
前日に食べた物の影響で翌日下痢になることが多いです 
まず チェックすることは 

 

★ 前日にいつもと何か違うものを食べてないか?
★ いつもより量を多く食べてないか?(おやつも含む)
★ お散歩の時などに拾い食いはしてないかどうか?

 

ちなみにドッグフードを新しいものに切り替える時にも下痢が起こる場合があります
⇒ ドッグフードの切り替えの時は 急に変えるのではなく 少しずつ混ぜて切り替えて下さい

 

食べ物が原因でうんちが緩いときは
⇒ ご飯の量を少し減らしてうんちの様子を見ながらあげて下さい
お水は普段通りあげて下さい(脱水症状になると怖いので)
あまりに下痢が酷いときは 絶食・絶水と言いますが 素人判断する前に病院に行きましょう!

 

 ストレスが原因の下痢

 

犬も人間同様にストレスから下痢をすることがあります 
何か精神的にショックなことを受けた場合 環境が変わったなど
犬にとってストレスになることが ないかどうか考えてみましょう

 

ストレスから血便が出ることもあります 血便が出た場合は 便を捨てずに病院に持っていって診てもらって下さい

 

 寄生虫がいる場合

 

子犬の下痢に多いのが この寄生虫による下痢です
寄生虫による下痢は かなり回数も多く うんちも水便ぐらいまで柔らかくなることが多いです

 

寄生虫が原因の下痢の場合 
様子を見ていても治る下痢ではありません 寄生虫の種類の中には重症化するものもあります
明らかに 回数が多い 水便になる 元気がなくなる などの症状がある場合は早目に病院に行って下さい!

 

   早目に受診が必要な下痢の症状

 

犬の下痢の原因は様々です 自宅で様子を見てるうちに治る下痢もあれば 重症化して死につながる下痢もあります
最近では予防接種を受けることで 少なくなってきましたが 伝染病であるジステンパーやパルボウイルス性腸炎は酷い下痢から死につながることもある怖い伝染病です

 

酷い下痢(水便)が1日に何回も出る 
血便が出る 
下痢と同時に嘔吐もする 
熱が出る 
元気がなく食欲もなくなる 
しつこく下痢が何日も続く

 

上記の様な症状がある場合は 早目の受診がおすすめです

 

普段から腸を健康にすることで下痢を予防しましょう☆彡

 

腸を健康にすることで免疫力が上がります
免疫力があがれば病気に負けない健康な体になります!

 

毎日の食事は消化吸収のいいものをあげましょう

 

犬は肉食動物です 肉食動物にとって消化吸収のいい動物性たんぱく質だけが入ってるドッグフード・鹿肉・馬肉などをあげましょう☆彡

 

犬にとって消化吸収のいい食材

 

動物性たんぱく質 (鶏肉・ラム肉・魚・鹿肉・馬肉・卵など)

 

 

犬にとって消化吸収が悪い食材

 

植物性たんぱく質 (トウモロコシ・大豆・小麦など) 
穀物 (米・小麦・トウモロコシ・大豆など)

 

犬にとって消化吸収が悪いものが含まれてるドッグフードを食べると お腹だけでなく内臓にも負担がかかります 
ドッグフードを選ぶ時は 原材料表記をよく見て選んでくださいね!

 

 

TOPページに消化吸収がよく 犬にとって最高のドッグフードを紹介してます☆彡
是非見て下さいね!

 

加入してると安心 もしもの時のペット保険☆彡

 

人気のPS保険に無料資料請求が出来る!早速バナーをクリック ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 


犬に必要な栄養 犬の体の仕組み 子犬の食事 肥満犬について 高齢犬について